冬の朝9時頃の色

富山県の冬の色といえば、グレーの空。
今年の12月は、豪雪と、雪が止んでも微風状態で、快調に揚げていた11月とのあまりの落差に打ちのめされました。でも、カイトフォトを始めたおかげで冬の天気を深く味わう事が出来ました.

この写真は、去年の12月25日9時頃の写真です。(デルタ 1平米タイプ)
高岡市の小矢部川河口の岸壁からです。

f0084796_23424674.jpg


次の写真は1月7日これも、朝9時頃、息子の通っている小学校のグラウンド上空から撮影しました。晴れていれば、立山連邦も写るんでしょうが、陰も形もみえません。グレーの空にも色々ある様です。
撮影したカメラ、リコーGXは、開放絞り状態では、周辺光量落ちが目立ちますが、こういう景色には、マッチします。

f0084796_23415667.jpg



ところで、冬の波が白くなるというのは、気が付きませんでした。なぜだろー?。
[PR]
by studio_bear | 2006-03-08 00:00 | 空撮写真
<< 小さき者と。 定点観測の様に。 >>