夏の風物詩!

昨日のは、今住んでいる市の夏祭りでした。
小規模ですが、いつも空撮している阿武隈川の所で、花火を揚げるらしいので、
かねてから、試したかった花火の空撮に、だめもとでチャレンジしてみました。
これまでにも、富山で2回、こちらで1回チャレンジしましたが、夏の夜は、風が吹かないので、
これまで、凧もあがりませんでした。

さすがに、いつもの場所では、揚げることは当然出来ないので、500m程度離れた所から、狙ってみました。
撮影に選んだ所は、阿武隈川の上流側、川筋に沿って、丁度うまい事に、下流に向かって風が少し吹いています。
シャッター速度は、1/8固定、レンズ開放、ISO設定は、迷いましたが、ISO100にしました。

花火が揚がり、凧を揚げましたが、少し走らないと揚がらない程度に、風は弱い感じす。
しかし、街灯も月明かりも無い、ほぼ真っ暗な河川敷の未舗装路です。
やむなく、懐中電灯の明かりを頼りに、糸を出しながら100m程走りました。
幸いカメラの液晶モニタの明かりがこちらも向いているので、カメラの位置確認はしやすかったのが幸いしました。
途中の木にも引っ掛ける事無く、なんとか撮影高度まで揚げる事が出来ました。

f0084796_22393566.jpg

この写真で、なんとか、積年の恨みも多少晴れました。

f0084796_224034.jpg


f0084796_224027100.jpg

今様の、女子カメラ風の、風情のある写真?です。

f0084796_2240496.jpg

花火の手前に、川に懸かる橋があります。車のライトで、かすかに橋がわかります。(ISO200程度にしておけばよかったですね。)

f0084796_2241619.jpg

強力な閃光を放つタイプの花火の様です。
ISO200~400程度にしておけば、もう少し地上のディテールが出たかもしれませんね。
残念です。

f0084796_22412677.jpg

最後に、今回の写真の中に混じっていた写真です。
我が家では、「聖☆おにいさんのYさん」と呼ばれています。(アーメン)

風力は、弱めでもいいのですが、多少細かく動く風で、凧がいまいち安定しません。
割とカメラが振られるので、さすがに、静止したショットは撮れませんでした。
しかし、もう少しいい条件の風で、大玉や、ナイアガラなど、にぎやかに揚がる所ならば、
もうちょい撮れそうな感じです。
しかし、人気の場所では、まず無理だと思います。(ほんとに無理というか、無茶は止めましょうね。)

今回28mmのFUJI f200fdで撮影しましたので、離れた場所の花火は、面積で半分以上トリミングしないと
写真になりませんでした。
35mm程度の明るいレンズで、無限遠にフォーカスが固定でき、手ブレ補正のより協力なモデルであれば、もっといい写真が撮れそうです。
[PR]
by studio_bear | 2009-08-23 23:21 | 空撮写真
<< 8月の奥松島にて 梅雨もあけたような・・・・。 >>