ぷちモノクロ写真の楽しみ

モノクロームの写真には、独特の魅力がある様ですが、なにやら難しい世界でもあります。
そこで、ちょいといい感じに、モノクロームの写真をプリンター出力する時は、いろいろと難しい所もあります。

f0084796_22585255.jpg

最近、中古・在庫新品のHP Photosmart325、335、475などの小型フォトプリンターが、2000円~7000円程度で、よく見かけます。
このプリンターは、専用のグレーカートリッジにすると、かなりいいトーンで出力出来るモノクロ写真プリンターになります。(もっとも、ハガキまたは、大きくて2Lまでですが。)

先日、リサイクルショップで新品3000円なりの335を購入しました。
HP100というグレーカートリッジを3000円程で購入して、お手軽モノクロプリントを楽しんでいます。

色調は、用紙によって意外と大きく変わります。
純黒調に近い?のは、専用プレミアム・プラスフォト用紙と、キャノンの以前出ていたシルキー
がよかったです。
エプソンのクリスピアは、かなり黄色くなりました。

詰め替えインクも、割と良質の物が出ている様です。
しかし、そろそろこのカートリッジもそろそろ店頭で見かけにくくなってきているので、
賞味期限も、そろそろかもしれません。

旅先に持っていくプリンターとしても、いいかもしれませんよ。
[PR]
by studio_bear | 2009-11-20 23:07 | その他
<< 冬の空撮シーズンに 竹の調質について >>