ミニ凧の用途。

前回作成した凧を作った時に、折れた竹ひごが、何本も出来ました。
竹割り練習もかねて、ミニ凧を作ってみました。
f0084796_223374.jpg

最初に、作ったのは、こちら、2mm程度の骨の幅、1mm程度の厚さに割ってみました。
これでも、この凧のサイズでは、ゴツ過ぎる様です。
20mの風でも、耐えれそうな強さです。

f0084796_22333793.jpg

というわけで、さらに細く、1mm程度の幅、厚さ0.5mm程度にしてみました。
元は、5×2mmの竹ですが、端に切れ込みを入れて裂いて行くと、割と綺麗に、割れて楽しいです。
こちらの凧は、少し大きめにして、生地は、スーパーでまだ無料でもらえる、超薄手のポリ袋です。
ミニ凧の生地としては、一番手軽ではないでしょうか。

今回は、この凧を作ったのは、もう一つ目的があります。
それは、凧で釣りをしてみる事です。
南洋で、釣りに凧を使っているというのは、聞きますが、以前よりやってみたかったからです。

釣りは、「釣りキチ三平」全盛の頃、かなり狂いましたが(そうとう昔ですね。)、
トンとご無沙汰して、今浦島状態です。

釣りに使う場合は、余り高く上がらなくてもいいので、オーソドックスな凧がよさそうです。
というわけで、まずは、2つ目の菱凧でいってみました。

f0084796_2234188.jpg

とりあえず、表層の魚を狙うとして、仕掛けを、カイトフォト式で、揚げ糸の途中から降ろすか、
凧の尻尾として、降ろすか、色々考える所はありますが、
まずは、カイトフォト式で、試してみました。

鳥の海の港内の人のいない様な場所で試して見ましたが、
試せそうな場所では、風が岸壁と平行に吹いていたので、あまり沖には、流せませんでした。
それでも、なんとか針と餌を運んで、20m程度離れた所までは行きました。
適当な所で、凧を着水させて、餌を沈めるなり、ゆっくりと引いて来るとか、あとは、適当に・・・・・。
(ラインは、PE1号です。)

本日判った事は、
① 凧は、回転しない安定性が重要。
② 仕掛けの糸さばきが、割と面倒。(針は、1本程度がまずは、安全。)
③ 3m以上の長めの竿が便利そう。
④ サヨリ釣りならいけそう。湾内のかなり浅場の雑魚釣り程度なら出来そうです。
⑤ 人が少ない場所でしか出来ない。
⑥ もう少し大きめの凧が必要。
⑦ ①がクリアー出来れば、尻尾に仕掛けを付けてもいいかも。


という所です。
今日は、1時間程テストのみで終わりましたが、次の機会には、1匹ぐらいは、なにか釣ってみたいです。
はたして?。

追記: 当然、凧に釣り針がついた仕掛けとなるので、風次第で大変危険にもなりますので、
     一般のカイトなどでは、危険です。
     ちいさな引きの弱いカイトを使うのは、その理由の一つです。
     よい子の皆様は、決して真似をしないで下さい。

[PR]
by studio_bear | 2010-01-11 22:58 | 凧作り
<< 1年経過 正月の工作 >>