立体エジプト凧。

先週末に、Doperoをベースにした少し変わった凧を試作してみました。
古代エジプトで作られていたという立体ダコを考古学的に復元しました。(ウソです。)
f0084796_0415182.jpg


中央に斜め胴体を持つ、立体Dopero?です。
全体で骨4本ですが、立体胴?を持つ凧になりました。


f0084796_0423632.jpg

さすがに、1発では揚がりませんでしたが、糸目調整でなんとかなりました。
尾は、絶対あがらないと思っていたので、あらかじめ付けておきましたが、
リメーク時には、付けなくてもいいかもしれません。
f0084796_0464471.jpg



ちなみに、材料に余裕があれば、胴体は二つになる予定でした。
下の尾翼?部分はふうたい凧の様に、もっとたるみを持たせた方がよさそうです。胴体の風の抜ける方向とそろえたい所です。
小型の凧なので、玉虫色に光る、極薄のポリエステル(PET素材)のラッピング用シート(100円ショップにありました。)を使用しましたが、すこし、腰がありすぎるようでした。
今週末は、また別の凧を試作しています。
[PR]
by studio_bear | 2006-04-09 00:50 | 凧作り
<< 開花宣言? ひさびさ凧作り。 >>