ロモグラフィーと空撮入門の頃。

ここ数年前から、トイカメラで撮った写真が人気を博しています。一般的には、ロモグラフィーと呼ばれたりもしている様です。さすがに、フィルムのトイカメラで空撮は苦しいのですが、空撮を始めた頃に使ってみた、B級デジカメに面白い機種がありました。
f0084796_22262234.jpg

130万画素CMOSセンサーで、コンパクトフラッシュ、単3電池2本仕様です。シャッターは田宮の定番ギヤーボックスで、押していました。一般的には、ロクでもないデジカメに該当すると思いますが、デジタルマジックで、ある意味、ロモグラフィー的な(絵画的?)、マジカルな写真が取れました。
普段のなにげない景色もこのカメラにかかれば、アートです。まじめな方には、お勧めできませんが、この手のカメラは、中古で、格安で手に入りますから、個人的には、空撮入門にお勧めです。気分を変えたい時にもいかがですか。
f0084796_22263642.jpg

ちなみに、私が空撮に踏み込む最後の引導を渡してもらったのは、「ゲイラカイトで空撮」(だったと思う。)というホームページでした。作者の方ありがとうございました。
[PR]
by studio_bear | 2006-05-06 22:36 | 空撮写真
<< 内灘の凧 空から凧を。 >>