真夏のトライアスロン

時々撮影に行く、海王丸パークで、今日、トライアスロンの大会がおこなわれました。(一般参加者の部、学生の部(女子、男子))
しかし、ただでさえ過酷な競技をなにも、この暑さの中でというのは、誰しも、思う事で、競技者の方の中にも、「今日は、やばい」という声も、ちらほらと耳にしました。皆様無事、競技を終えられたでしょうか。
f0084796_22531794.jpg

   ( 上の写真は、9:30からの女子の部を、岸壁から、手持ちで撮影)

今日は、朝6時半頃に、会場に行き、7時の一般男子のスタートのみ、空撮する予定だったのですが、風が1m未満(旗も開かず、)という状況で、断念しました。
そして、炎天下、待つこと2時間半、女子の部のスタートのピストルが会場に響きましたが、弱風用デルタカイトにカメラを持ち上げるだけの揚力は発生していませんでした。しかし、選手の方々が、最初の遊泳コースのコーナーにさしかった時、タイムリーに待望の北風が、徐々に吹いてきました。
f0084796_2332277.jpg

しかし、ぎりぎりの状況で、慌てて、デジカメの絞りをf8、さらに、海の波が汚く写らない様に、ISO64という事で、撮影データでは、シャッタースピードが1/200前後と、さすがに、ブレのある写真も多くなってしまいました。
f0084796_236153.jpg

会場の学生応援団が、手に旗を持って、声援を送っています。

f0084796_23103964.jpg

これは、遊泳後、バイク(自転車40km)のコース端での様子です。

f0084796_237017.jpg

バイクコースは、この道路のかなり先まで続いています。

学生男子の部は、150人前後?と参加者が多いので、撮影したかったんですが、あまりの暑さに断念しました。炎天下の撮影は、さすがに、きつかったです。もちろん、競技者の方々は、もっと辛いんですが。
今回は、記念撮影程度という事でしたが、来年は、またあるんでしょうか。

 ちなみに、会場の岸壁で釣りをしている方々がいたんですが、トライアスロンの遊泳コースだという事を知らずに、魚寄せのアミ(コマセ)をまいている人がいました。さすがに、競技の方がかわいそうなので、解説してやんわりと、自粛して頂けるように頼んでおきました。しかし、遊泳中に、魚の多い海だなーと、思われた競技者の方は、いませんでしたか?。
[PR]
by studio_bear | 2006-08-20 23:29 | 空撮写真
<< 新雑誌 Make: techn... 3たび、国分浜。 >>