鳥ロボと、コアなペーパーインドアカイトキット。

今日は朝から内灘の時より強い風が吹いていました。
午後15:00以降徐々に風が落ち着いてきたので、新しく作った凧のテストに行きました。
それと、今日、購入した驚くべきカイトキットの話題を。

f0084796_0272771.jpg

鳥凧というには、スパンの短い凧です。(幅50、高さ45cm)
調整難航しましたが、後ろに、デルタ式の横骨2本と、だんだん風速が落ちてきて揚りが悪くなってきたので、テール面積調整用の横骨1本おごってあります。
かなりゴツくなってきたので、鳥ロボという名前にしておきましょうか。
リップにアクリル絵の具で試しに色をつけてみました。

f0084796_0275323.jpg

調整時は、くるくると、右や左に回り、なかなか一筋縄ではいかぬ頑固さで、駄目かと思いましたが、3時間程かかって、だいぶんまったりとした性格になってきました。

f0084796_0281212.jpg

メインの話題ですが、今日、書店の折り紙コーナーが充実していたので、ひょいと見ると、この折り紙凧のキットが売っていました。
設計は、あの秋山 幸雄氏では、ありませんか。
製作できる凧は、とり、かえる、とんび、かもめ、ペンギンなどの凧です。
いたって、表向きは、初心者用といった感じですが、考えてみると、なかなかコアなキットです。
なにしろ、インドア用の、10cm程度のミニカイトです。
さらに、トラディショナルな風袋凧2種、ボックスデルタに近い凧もあります!。

f0084796_0283192.jpg

うちのかみさんが、嬉々として、カエルの凧を作っていました。
これは、シンプルな作りの方です。
皆様、これは、買いです!。(¥200円だったと思います。)
[PR]
by studio_bear | 2007-05-14 00:54 | 凧作り
<< 祭りの日ですが。 最近作った凧。 >>