蜃気楼はいずこ。

今週は、天気のいい日が続き、魚津市では、連日蜃気楼が発生しているというので、あわよくば、という思いで、昨日の午後、魚津まで足を伸ばしました。
魚津の「海の駅 蜃気楼」という、蜃気楼観測ポイント兼、観光施設に寄ると、
かなりの蜃気楼見物の人がいました。しかし、凧を揚げる場所は無さそうなので、さらに、5kmほど、北上しました。
途中小川があったので、寄って見ると、私好みの、撮影場所でした。
f0084796_21391741.jpg

河口の砂の形がなんともいえません。
荒めの砂に、綺麗な水、プチリゾート気分?。
この川の名前は、「片貝川」でした。

奥に続く海岸線が、有名な蜃気楼の発生ポイントです。

ここに来た地元のおじさんに蜃気楼の事を、聞くと、
「蜃気楼は、高いところからみると、見えない。」らしいです。
ひよっとしたら、蜃気楼は、意外と発生していて、観測高度を微妙に調整すれば、あわよくば、もっとはっきりと、見えるのではないか。」
という、期待は、あっさりと崩れました。
(そういえば、以前TVでそんな事を聞いていたような記憶も!。)

f0084796_21394366.jpg

反対側(来た道)は、こんな感じです。
通常蜃気楼観察の人は、もっと向こう側から観察する様です。

f0084796_2140990.jpg

河口の上流側です。これはこれで、魅力的。
下の松の木の上には、大きな白い鳥が巣を作っていました。

f0084796_21403238.jpg

河口の部分をじっくりと狙いました。

f0084796_21405127.jpg

PanaのLX2でも撮影しました。
P3よりは重いのですが、風も、蜃気楼が発生しない程の風があったので、しっかり揚がりました。

カイトは、新作のデルタです。揚げていて、やっぱりもう少し、高度を稼ぎやすいといいかなと思いました。
抗力をもう少し減らした方が、ストレスなく揚げられそうです。
[PR]
by studio_bear | 2007-05-25 21:55 | 空撮写真
<< 20gリグ。 新空撮凧で空撮。 >>