逆光写真

土曜の夕方、仕事帰りに、大門の河原で撮影してきました。
もっとも、今回は、ある方法のテスト用の写真を撮影する為です。
今回試してみたのは、「露出コンポジット」という方法です。

私の様に、夕方の逆光写真ばかり撮影しているものにとって、
現在のデジカメのラチュードの狭さという問題が存在してます。
夕陽に露出を合わせると、地上が真っ黒という感じで、バランスよく撮影するのは、かなり困難です。

それを軽減する方法がいくつかはあるのですが、今回試してみたのは、その中の一つの方法です。

簡単にいえば、露出ブランケット撮影した2~3枚の画像を、合成するという方法です。
カイトフォトでは、露出ブランケットでも、撮影間隔が、1秒以上になるので、
なかなか同じエリアが揃うことは、困難です。
それでも、なんとかなるだろうという事で、トライです。

f0084796_23443566.jpg

上の写真は、下の写真より1EVほど、明るめです。
f0084796_23445723.jpg

この写真は、上の写真より1EVほど、暗めです。
どちらも、中央にすごいフレア(紫色の部分)があるのは、ご愛嬌ということで。

上の写真の地上部と、下の写真の空の部分を合成すると、
f0084796_2351836.jpg

意外と、違和感の無い写真になります。
今回は、あまり明るさに差の無い写真だったので、違いが微妙でしたが、
脈のある方法だとは思います。

こういったCG手法を使うのには、抵抗のある方が多いかと思いますが、
面白いので、一度はトライしてみてもいいかと思います。

しかし、うまく合成出来そうな写真は、なかなか撮影出来ないので、この方法を真面目にやる時は、カメラを上下に2台使って同時に
撮影するというのが一番よさそうです。(ふー。)
[PR]
by studio_bear | 2007-06-26 00:08 | 空撮写真
<< 富山新港東側。 凧に絵。 >>