龍神様の御姿。

10月に入ると、近くの高美町という高台の町で、「龍舞祭」という祭りが行われます。
秋もシーズンインとなり、そろそろ龍神様の御姿でも、撮影出来るのではないかと思い、今夕再び、国分浜で撮影です。
そして、なんと私は、とうとうその姿を捉える事が出来ました。

f0084796_22231944.jpg


しかし、伝承に隠された真実は、実に意外でした。
龍神様の真のお姿は、富山湾の守護神、「アマエビラ」様だったのです。
二上山の上に、「アマエビラ」様の頭部がはっきりと写っています。

少し考えてみると、龍の頭部と、甘エビの頭部の形は、実によく似ているではないですか。
古代は、まだ甘エビ漁が行われていませんので、、甘エビの頭部を龍と見誤ったのではと推測されます。

さて、次回の「誇大史を尋ねて」、次はどこへ!
[PR]
by studio_bear | 2008-09-16 22:36 | 空撮写真
<< 秋の只中にて いつもの時間、同じ場所で。 >>