カテゴリ:凧の紹介( 1 )

中村さんの凧について

「中村さんの凧について」と、タイトルをポンと書いても、このネタについては、
ちゃんと書くことが出来ないという不勉強さ加減を再確認して、うなっています。
こういう時は、写真に語ってもらいましょうという事で、じっくり御覧下さい。

f0084796_23305893.jpg


と書きましたが、多少、うろ覚えながらも、解説させていただきます。

壁の凧の多くは、確か、虻凧(アブ)だったと思います。
虻凧でも、横幅のある丸目のものは、ベコ虻?といって種類が少し異なる様です。

それぞれ、煤竹による、しっかりした骨組みで、風速は、最低3m程度は必要だと思います。
強風には強く、極端に乱れていなければ、20m程度の風でも、しっかり揚るものもあるそうです。

揚がる時に、頭を振りながら「ブゥィン~~~、ブゥィン~~」と、それぞれに個性のあるうなりを、響かせます。
中小型のものは、多少、操作凧の味付けのある物もあり、しっかりした風のある時は、
小生意気?な愛嬌さで空を飛び回る姿が印象的です。

とにかく、大門の河原で、中村さんの凧揚げを見ていなければ、今程は、凧揚げに熱中していなかったと思います。
揚げるのが、めちゃくちゃ難しい、「超クイックな田原凧」や、小型の「六郷とんび」、
見掛けとは異なり、かなり毒のきいた?「ふぐの操作凧」、などなど、近くで見れてとてもラッキーでした。
感謝しております。

( 補足、修正等あれば、きっと、どなたかが、書き込んでくれると思いますが・・・・・・。 )
[PR]
by studio_bear | 2009-04-09 00:24 | 凧の紹介