<   2006年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

トコロドコロニ。(小ネタ3題)

写真全般にいえる事ですが、空撮をしていると、意外なものが時々写っている事があります。
先日の大門の大会でも、いくつかありました。
f0084796_23192348.jpg

会場のあちらこちらで、見かけた光景です。おそらく、もう1、2秒後に、シヤッターが押されたんではないかなーという感じですね。

f0084796_23223582.jpg

ホフマンさんの凧に注目。(注、写真は、少しトリミングしてあります。)
「売約済み」と書いてあると面白いのですが。

f0084796_23232942.jpg

わかりにくいかもしれませんが、この題材、あるんじゃないかなーと思っていましたが、やっぱりありました。
大きなスレッドカイトで、逆反りの凧にすると、より絵柄がマッチしたかもしれませんね。
[PR]
by studio_bear | 2006-05-25 23:35 | 空撮写真

だいもんの空から(その1)

おっと、ブログアップ前に、又、転寝をしていて、この時間になりました。

金曜日のデモンストレーションでの撮影です。
ホフマンさんのカイトです。この後、しばらくして雨になったので、空模様は怪しくなってきています。
f0084796_1355770.jpg

カメラが傾いたおかげで、ナイスショット。ホフマンさんも気に入ってくれた1枚です。
f0084796_1353757.jpg

日曜日の自治会凧揚げの始め頃の写真です。
会場内の凧・糸密度は、内灘に比べて高かったので、一番外れから、撮影開始しました。
f0084796_1335725.jpg

今回の撮影対象は、あらかじめ、撮影の了承をいただいた方の凧をメインに行いました。(写真のバリエーションがちょっと少ないのは、ご勘弁を。)
今回、よく撮影させていただいた「ふとん凧」ですが、96本?の糸目糸がゆるやかに引っ張られている所が綺麗だと思います。
揚げ終わって鑑賞している人達がいいアクセントになっています。
f0084796_132259.jpg

今回最接近のショットです。「みおつくし」と書いてあります。
大きくて、安定して揚がる凧なので、安心して撮影出来ます。
f0084796_1325740.jpg

大会終わり間際だと思います。おなじみのふとん凧です。
もう帰り支度と思われる家族、子供を振り返る母親?の姿。シルエットもいいですね。
f0084796_135172.jpg

茂木会長のふとん凧、金曜日のデモでちょっと糸調子が狂ったのか?少し苦戦されていました。会長一人で、揚げていますが、これだけの大きさの凧も一人で持てるんですね。認識変わりました。
(当然サポートの方々も控えていますが。)
影が、凧の長さより長くなっている所が、いい感じだと思います。
f0084796_1342626.jpg

大会が終わった後も、いい風が吹き続けました。会場の片付けも終わりました。
18時前頃です。最後に、思いっきり糸を伸ばしてみました。
道路の向こうでは、もう田んぼの水も張られて、逆光で、夕日に光る感じが素敵でした。
f0084796_131469.jpg

地元の大会は、帰り時間を気にしなくていいいので、ゆっくりできました。
[PR]
by studio_bear | 2006-05-23 02:21 | 空撮写真

第28回越中だいもん凧まつり -- 凧の色々

本日は、昨日とはうって変わって、凧揚げに最適の滑らかな厚みのある風が吹いて、気温供に、極楽至極の凧揚げ日和になりました。
今日、一日揚げていた人は、さぞ堪能できたことだろうと思います。
f0084796_0273099.jpg


さて、金曜のデモから、土曜日に見かけた、いくつかの凧を紹介していきたいと思います。

まずは、イタリアからのゲスト、ソニアさんのステンドグラスを思わせるカイトです。
内側の半透明のシートは、両側のローラーでゆっくりと周り、合成されたパターンが変化していくファンタスティクなカイトです。
(金曜デモにて撮影しました。今日も揚がっていましたが撮影出来ませんでした。残念。)
f0084796_23554262.jpg

同じく、ソニアさんの中央の綺麗な目玉?がくるくると回転する中型のカイトです。
f0084796_022919.jpg

デモ揚げ会場の公園にあった遊具です。だるま凧と、六角凧がモチーフになっています。(すべてフライト可能です。(ウソです。))
f0084796_045960.jpg

お次は、土曜日、あいにくの雨の中、暗くなる心を癒してくれたカエル君です。(それとも、単に雨がうれしくて小躍りしていたのでしょうか。)
f0084796_093147.jpg

このサーフボードの様なカイトは、ドイツの建築家、ホフマンさんの作です。
見ていた時は、テクノな柄のカイトだなーと思っていましたが、写真で見ると顔をモチーフにしてありました。
f0084796_0124536.jpg

土曜の交流会のオークションに出されていたホフマンさんの角凧など。
f0084796_0184387.jpg

同じくオークションに出ていた。ソニアさんの中央に風車をつけた角凧と、
二つのローター?を持つダイヤモンドカイト。(これは揚がる所をみたかったなー。)。
虻凧仕様のてんとう虫凧は、大門の中村さんの作られた物です。
f0084796_0205016.jpg


さてまだまだ続きをといきたい所ですが、かなりうとうとしてきたので、もう寝ます。また明日、こうご期待。明日は会場空撮編かな。
[PR]
by studio_bear | 2006-05-22 00:32 | 凧の大会

「越中大門凧まつり」始まりました。

いよいよ、今日から、大門凧まつりが始まりました。
すこし前から、大門の街角に、凧のディスプレイが立ち始めました。
f0084796_20194633.jpg

この裏面は、
f0084796_2020924.jpg


今日、外国招待者の方のデモンストレーションがあるということで、会場に出向きました。10時頃に到着して、とりあえず会場の様子を空撮していました。青い所が、メインステージで、看板屋さんが、まだ文字を書いていました。
f0084796_20225215.jpg

しかし、11時になっても、だーれも来ません。ひょっとして、別の会場でやっているのかなーと思い、大門町に連絡してみましたが、いまいちわかりませんでした.所用の為、1度家に戻り、再度確認してみました。
すると、2時から、グリーンパーク大門という所で、デモ揚げがあるというので、いってみました。
会場では、日本凧の会の茂木会長が、大きなパラフォイルを揚げている所でした。狭い会場だと、さすがに大きく見えました。
下の写真は、少し後で、うちの「ももんが~!」も、小動物仲間に入れてもらった所を地上から撮影しました。
f0084796_20301785.jpg

早速、撮影をお願いして、空撮に入りました。
f0084796_20303713.jpg

その後、近くの学校の子供達の凧揚げが始まって混んできたので空撮は早々と切り上げて、小さい凧を揚げていました。
その他、ドイツの方の素敵な凧や、クワッドのスポーツカイトなど、色々揚がっていました。西村さんの好きそうな凧がありましたよ。詳しくは、わざわざ来られる方の為に、また後日に紹介します。(遠方の方も、すみませんが、しばらくお待ちくださいね。)
[PR]
by studio_bear | 2006-05-19 20:39 | 凧の大会

モモンガ~!!

打倒六角凧を目標に(うそうそ。)、そこそこ、新しい凧を作ったので、
大門凧祭りを控えた、大門カイトパークに行ってきました。
(いくつかの団体が、大きな凧のテストに来ていました。)
f0084796_23342766.jpg

ご覧の通り?、「ももんが~」凧です。
ももんが、むささびを題材にした凧は、たぶん多く作られていると思います。
ももんがの方が、むささびより小さく白くので、本当は、むささびに似ていると思います。
しかし、落語で昔聞いた、「ももんが~」という語感が好きで「ももんが~!」凧です。
f0084796_2335133.jpg

普通のコマ凧に似ていますが、横骨は縦骨に固定せず、フリーになっています。
中骨周りの紙は、ゆるく張ってあるので、キール状になっています。
ふうたい翼風に、翼面が膨れています。

飛行形状にこだわって、上の横骨にそりをつけなかったので、割と横向きになりやすく、安定性は、いまいちでしたが、弱風から中風で、そこそこ揚がっています。もうちょっと柔軟で立派な尻尾が必要なようです。

その後、出直して、凧のテスト風景を空撮しようと思いましたが、家に帰ってつい居眠りをしたら、夕方かつ7mの強風になっていました。残念。
[PR]
by studio_bear | 2006-05-14 23:53 | 凧作り

空撮シーズン到来?

夕方シリーズ第3回、今回も港の夕刻風景です。
今週の8日、18:00頃です。例によって、ちょびっと揚げです。
今週ぐらいから風がいくぶん安定期に入ってきたようで、
滑らかな、とてもいい風が吹いていました.
1/125sec程度のシャッター速度でもぶれない程でした。
光の色も、いい色づき方をして来る様になりました。
黄砂の影響も収まったようです。
いよいよ空撮本番期に入った様です。
f0084796_23324286.jpg

と、思ったら、週末は雨模様。残念!
[PR]
by studio_bear | 2006-05-12 23:33 | 空撮写真

内灘の凧

内灘で揚げられていた空撮用としても面白いなーと思った凧をピックアップしてみました。
まずは、風の変化にも、とても安定して揚がっていた鳥凧です。色彩も、安定度も、実に見事でした。構造的にもとても面白いものがありました。
f0084796_029371.jpg


次は、ドペロの上半分の様なカイトです。はっきりとは覚えていませんが、かなり安定していた様に思います。写真切れてますね。すみません。
f0084796_0313354.jpg

綺麗なダブルキールのデルタ、テールも長く安定していました。
f0084796_0264072.jpg

最後に、ピーターリンカイトに対抗して作られたという謎のカイト「小イカちゃん」です。かわいいでしょう。(この凧には、限られた人しか知らない秘密があります。いつか明かせる時が来るといいなー。)

f0084796_0464754.jpg

あと、大きな和凧のなかにも、どうしてこんなにどっしりとしているんだろー。と思った凧もいくつも揚がっていました。さすが伝統ですね。
[PR]
by studio_bear | 2006-05-07 00:51 | 凧作り

ロモグラフィーと空撮入門の頃。

ここ数年前から、トイカメラで撮った写真が人気を博しています。一般的には、ロモグラフィーと呼ばれたりもしている様です。さすがに、フィルムのトイカメラで空撮は苦しいのですが、空撮を始めた頃に使ってみた、B級デジカメに面白い機種がありました。
f0084796_22262234.jpg

130万画素CMOSセンサーで、コンパクトフラッシュ、単3電池2本仕様です。シャッターは田宮の定番ギヤーボックスで、押していました。一般的には、ロクでもないデジカメに該当すると思いますが、デジタルマジックで、ある意味、ロモグラフィー的な(絵画的?)、マジカルな写真が取れました。
普段のなにげない景色もこのカメラにかかれば、アートです。まじめな方には、お勧めできませんが、この手のカメラは、中古で、格安で手に入りますから、個人的には、空撮入門にお勧めです。気分を変えたい時にもいかがですか。
f0084796_22263642.jpg

ちなみに、私が空撮に踏み込む最後の引導を渡してもらったのは、「ゲイラカイトで空撮」(だったと思う。)というホームページでした。作者の方ありがとうございました。
[PR]
by studio_bear | 2006-05-06 22:36 | 空撮写真

空から凧を。

大きな凧を写して見たいと思っていました。
高く揚がる凧を写して見たいと思ってました。
内灘で、どちらの思いも叶ってよかったです。

上は、ピーターリンのRAY(エイ)でしょうか。
下の凧は、女性の方が作られたパラフォイルです。
とても、手の込んだ絵柄が素敵なのですが、うまく写せませんでした。
どーも、すみません。
f0084796_893660.jpg



下に見える道路が出来る為、内灘の凧揚げ大会が中止という話も聞きました。道路が出来ても、時間限定で、速度制限や、一部通行止めなどの処置も取れると思うのですが。詳しい事情は知りませんので、外野からどうこう言うのもなんですが。今より小さなイベントとしてでも、続けてもらえたらなーと思います。
エイも訴えてますよ。(ないない?)

f0084796_8121647.jpg

[PR]
by studio_bear | 2006-05-06 08:25 | 空撮写真

激揚げ!!内灘!!。

待ちに待った、「第18回 内灘町世界の凧の祭典2006」。
今日、行ってきました。
あの、室岡さんも撮影しておられた、世界最大の凧、「メガ・ムーン」、豪快に揚がっていました。
絶好のチャンスだったので、お邪魔にならない様にカイトフォトしてきました。
f0084796_1923154.jpg

当日は、朝9時から会場に到着して、会場内をうろうろしていた所、
会場奥にて、大型ショベルカー2台を使って、メガムーンを揚げる準備が行われていました。
風がやや強いため、準備の方に、揚げるのか聞いた所、もう少し様子を見るとの事でした。今日は無理そうだなと思って、しばらくここを離れる事にしまいした。
11時過ぎに、空撮道具を持って、他の方々の凧を見にあるいていた所、メガムーンを揚げる準備が始まっていました。
私の凧には、やや強めの風でしたが、揚げてみたところ、完全な天井凧気味でしたが、予想より安定していた為、撮影開始としました。
f0084796_19331823.jpg


風を待っているのか、糸を調整しているのかよく判りませんでしたが、しばらく待った後、内灘の風を飲み込みながら、メガムーンが膨らんでいき、見事上昇を始めました。
f0084796_1936266.jpg


途中、強風に煽られて、メガムーンが裏返るというハプニングもありましたが、無事に、降ろすことができたようでした。
f0084796_19372610.jpg


とにかく、大きい凧で「4m以上揚げない方がいい。」といわれている凧です。影だけでも、この大きさになります。(この影は、カイトフォトならではのアングルですね。)
凧揚げに取り組んだスタッフの皆様、ショベルカーの運転手の方、製作者の方々など、ご苦労様でした。

f0084796_1939367.jpg


今日は家族で来たので、撮影している所を、撮ってもらいました。
今回撮影に使用した凧と私です。(当然、冗談です。関係者の方申し訳ありません。)
f0084796_1942698.jpg


午後からは、10m近くの爆風?で、ここは、タクラマカン砂漠?というノリの砂嵐状態でしたが、さすがは、全国の凧マニア、まだまだ揚げている方々がいらっしゃいました。
明日も、いくぞー!!
[PR]
by studio_bear | 2006-05-03 19:53 | 空撮写真