<   2006年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

すこしチャレンジ!夜景撮影

今日も、午後3時を過ぎると、早くも西日の色が微妙に変わり始めました。
4時を過ぎると、かなりいい色合いに変化していきます。(使用カメラ オリンパスSP320 38mmにて)
f0084796_20134798.jpg

(16:25 1/640s 8.0 -1.7 iso64)
4時過ぎに万葉埠頭に駆け付け、撮影準備を始めましたが、風が弱く、辛うじて、20m程度までしかカメラが持ち上がりません。
空は、やや黄色みが強く、それほど赤みはありませんが。これはこれで、いい色合いだと思います。

f0084796_2014147.jpg

(17:13 1/25s f2.8 +0.3 iso200)
二上山の上部に、面白い形の雲が育ってきました。

f0084796_20142243.jpg

(17:17 1/80s f2.8 -1.3 iso400)
徐々に形が変化していきます。

f0084796_20151696.jpg

(17:18 1/40s f2.8 -1.3 iso400)
夕闇に横たわるバッタの頭部?という所でしょうか。

f0084796_20153787.jpg

(17:20 1/40s f2.8 -1.3 iso400)
そして、やがて、ナウシカの巨神兵?の様な不気味な形態に。

f0084796_20154925.jpg

(17:21 1/20s f2.8 -1.3 iso400)
上と同じ様な絵ですが、こちらの方が地上の明かりが明確かな。

f0084796_2016236.jpg

(17:27 1/3s f2.8 -1.3 iso400)
一度降ろして、方向を替えて、新湊方向を撮影してみました。この頃(17:25頃)になると風も少し出てきて、風速3m未満という感じですが、高度100m程度まで上昇させる事が出来ました。当たりは、もう暗く、凧の姿は確認不能、カメラの液晶の光が鮮明に空に映えます。

ここまでくれば、なんとか夜景の仲間入り出来たでしょうか。
さすがに、30枚に1枚程度しか、写真になるものはありませんでした。
マニュアルでシャッター速度を固定して写せば、もう少しちゃんと撮影出来るかもしれません。

写真の出来としては、まだお話になりませんが、もう何回かチャレンジしてみます。

それぞれの写真のデータ後日改めて、記載しておきたいと思います。
(38mmという焦点距離も、最近いいなと思い始めています。)
[PR]
by studio_bear | 2006-10-29 20:42 | 空撮写真

喧嘩凧研究の日に。

今日は、大門の河原で、午後から凧揚げです。

f0084796_21304738.jpg

中央に円を描いて停まっている車は、皆凧揚げに来た人の車です。
向こうには、ラジコンカーの皆さんです。

f0084796_2131643.jpg

今日は、南西の風で、川に向って揚げています。
又、中村さんの凧が写ってます。

f0084796_21312318.jpg

今日も夕日を日没まで追っていたのですが、地上では、3m未満のへなへなした風で、揚げ始めに糸がピンと張れず、カメラの向きの調整がうまくいきませんでした。西日が街に真横から射しています。

私も、ファイター?への道に脚を踏み入れたと知り、金沢よりにしさんが参上、インディアンファイターの揚げ方を、教しえていただきました。
アメリカのリップとカーボンの骨で出来たファイターを揚げていましたが、
これが又、壮絶にクイックな凧で、ピュンピュンとせわしなく糸のやりとりをしないと、コントロール出来ません。いやー大変でした。
その凧を記念に?頂きました。どうも有難うございました。
にしさんも、まめださんの朝鮮凧や、河豚の凧などを揚げて、
かなり楽しまれていかれたようです。
[PR]
by studio_bear | 2006-10-28 21:54 | 空撮写真

逆さ落としの凧、不安定さを楽しむ凧。

カイトフォトをしていると、安定して落ち着いた凧が一番です。
しかし、凧の世界は、奥深く、タイトルの様に(極端ですが。)色々な楽しみ方があります。
大門の凧の先生方の、影響?で、朝鮮凧、田原凧などの、操作出きる(安定させてない)凧の面白みに惹かれて、私も、新しい凧を作ってみました。

f0084796_22541679.jpg


どちらも、ほぼLPジャケットサイズです。
左は、朝鮮凧もどきです。こちらが、最初に作った方で、和紙と竹製です。
以前、まめださんにいただいた、朝鮮凧を参考に、アレンジしてみました。
穴は、スレッドカイトなどでよく開けるタイプの穴にして、チャームポイントにしてあります。この手の凧は、バランスに敏感で、最初は、片方への回転癖がありましたが、大門の師匠のアドバイスで、すこし、片側の骨を、わずかに削った所、バランスよく姿勢が変化する様になりました。
次の問題は、逆さ落としで、地面に落ちる前に、くるっと反転させるのが、うまくいきませんでした。こんなものは、さすがにどう調整したらいいのか、まったくわかりません。ここでも又、大門の師匠のアドバイスで、糸目を少し調節すると、結構いい感じになってきました。

右は、田原凧もどきです。前日に作った、朝鮮凧もどきが、なんとかなった勢いで作りました。
構造は、同じですが、リップと、カーボン、グラス、竹と、ハイブリッド?な凧です。
こちらは、翼面のテンション調整が難しく、あまりうまくいかなかったので、回転がひどく、ちょっと調整困難でした。
ためしに、左右の糸目糸を外して、中心骨の上下2本にして揚げた所、とても激しく、左右にぶんぶんと元気に飛んでくれました。さすがに、元気がよすぎるので、すこし、糸目を微調整してちょいと大人しくさせました。
今の所、あまり高く揚がる凧ではありませんが、ぶんぶん、くるくると楽しい凧になりました。

どちらも、ぼちぼちの揚がりとなりましたが、ビギナーズラックという感じでしょうか。
この冬の間に、さらに進化させて、にしさんの「F-Suzume」と、いつか、お手合わせ願えればと思っています。(先ほど、改めて、動画みましたが、動きがシャープで、すごい回転ですね。)

もう一つ妄想の様な夢があって、スポーツカイトのエキシビジョン?の、シングルラインの部(ないない)で、団体演技をする事です。

すこし前にヒットした映画で、「ウォーターボーイズ」とか、「スイング・ガールズ」とか楽しい映画がありました。
シングルラインカイトで、スポーツカイト界に、間違って挑戦してしまった人たちの映画を作ったら楽しいと思うのですが。(かなりのB級カルト映画ですね。)
どちらかというと、「少林サッカー」とかの色物特撮映画?の作りになるでしょうか。
[PR]
by studio_bear | 2006-10-25 23:30 | 凧作り

ビーーーーム!再び。

21日(土)夕方、大門の河原から空撮です。
久しぶりにダイナミックな雲が出て、いい感じです。

f0084796_22524692.jpg

大門の河原は、ここから上は、流れが入り組んでいて面白い所が続きます。、今度、川を上流に遡りつつ撮影してみたいものです。

f0084796_2253629.jpg

今度は、こちらに向って、夕日のビーームが伸びてきています。
なぜこんなに細い光になっているんでしょうか?。
河原の下からでは、全く判りません。

この写真で上空にある黒い点は、中村さんの大きめのアブ凧です。
イマイチ風が弱くて、物足りなさそうでしたが、それでも、すごく上空に揚がっていました。
[PR]
by studio_bear | 2006-10-23 23:02 | 空撮写真

朝の写真

ふとしたはずみで、ブログのログイン用のパスワードが、消えて(自動入力してました。)なおかつ、自分で用意していたクイズの答えが判らず、更新しばし出来ませんでした。
というわけで、先週17日の朝の空撮です。

秋に入り、日の出も遅くなってきたので、撮影のチャンスをうかがっていましたが、朝だけ無風の日が多く、撮影できませんでした。
この日は、朝から、南風が吹く撮影日和です。
最近通行出来るようになった護岸から揚げてみました。

f0084796_22341185.jpg

ローアングルで、波のうねりを撮影してみたかったので、最初は、出来るだけ、糸をどんどん出して、沖の方へ、凧を送り出しました。

f0084796_22402012.jpg

しばらくすると、凧の揚力が強くなり、どうしても上にあがっていきます。

f0084796_22413361.jpg

上空からの撮影の為に、今度は、どんどん上に揚げてみました。
朝も、夕方同様、やや逆光気味なのですが、色や、雰囲気が全然違います。

向こうの庄川も、写っています。次回は、もっと、左側も撮影してみようとおもいます。
[PR]
by studio_bear | 2006-10-23 22:47 | 空撮写真

柳田で見た凧。

少し、出遅れていくと、すでに、多くの凧が宙に浮かんでいました。
心配していた無風状態ではないようでほっとしました。
私も、いくつか凧を持って会場に向いました。
しかし、揚げ始めると、予想外に風が弱く、ウイングウイング、障子紙ドペロも、余り、揚がってくれません。既に揚がっている凧は落ちてこないので、少し上は、風が有るようでした。

しかたがないので、しばらく、他の凧を見て歩きました。
しかし、足早に見ていったので、作者の方とお話の出来た凧は、少ないです。

f0084796_2244239.jpg

毎度おなじみ、大門の凧でしょう。

f0084796_22441283.jpg


f0084796_22442641.jpg

写真では、大きく見えますが、手のひら半分程の大きさのミニ鳥凧です。1mm程度の細い竹の骨のエナメル質を削り落としたものを使っているそうです。細くて短い釣りざおの先、数+センチ程を、安定して揚がってました。

f0084796_22444549.jpg


f0084796_2245118.jpg

ドラえもんの凧、これ自体で、揚がる構造になっている様です。午前中は、元気が無く、のびた君の魂が乗り移った様に、地面をごろごろしていましたが、午後から、無事浮上しました。
f0084796_22451746.jpg


f0084796_22453049.jpg

今回見た中で、一番惹かれた絵でしょうか。達筆で抑えた色使いも素敵です。

f0084796_22455985.jpg

杯型の凧でしょうか.ふうたい部が閉じている様にみえるのですが、この構造は、よくあるのでしょうか。いたって日本の凧には、うといものですみません。

今回、あまり他の方の凧の写真撮影には、力を入れてなかったのでちょっとすくないですね。大事な凧の撮り落としが多いです。

ちなみに、午前中の有名凧揚げの部で、このブログに書き込んでいただいている、まめださんのリップとカーボン、グラスで作った奴凧が、安定した飛びで?2位を獲得されました。
おめでとうございます。(あんまりしっかり聞いていないので、たぶん正しいですよね。)
[PR]
by studio_bear | 2006-10-17 23:05 | 凧の大会

いけ柳田!。

かれこれ、20年ほど前に、矢野顕子の歌で、上のタイトルの歌が流れていました。
それとは、まったく関係なく、15日に石川県能登町で行われた凧揚げ大会にいってきました。
車で2時間30分程、能登有料道路を走り抜け、予想以上の山の中。「こんなところで凧があげれるのか?」と疑いながら、向いました。道中の道の駅では、「まいたけ祭り」が行われていました。

f0084796_2284541.jpg

会場は、予想外に広い芝生広場、芝生の手入れもよく、人工芝?という声も聞きました。
大門、内灘よりも、足場がよく、風が弱くても走り易そうです。(なによりですね。)

f0084796_228476.jpg

いきなり閉会式の写真です。それでは、以上さようなら。
と、打ち切るには、もったいないので、何日かに分けて、書き込みます。

f0084796_2283177.jpg

始めの写真の反対側です。100m以上揚げても、山と木々が鬱蒼としています。遠くに、水平線が見えます。うーん山林の真っ只中ですね。
[PR]
by studio_bear | 2006-10-16 22:22 | 空撮写真

駆け付け3枚。

いよいよ、秋本番という感じの今日この頃です。
日没も、待ってくれー!というくらい早く訪れます。
同じ日本でも、他の所では、もう20分以上遅い所があるとは!。
朝から段取り力全開で、仕事をスパッと切り上げ、直行します。
(日本のサラリーマンが全員カイトフォトを始めると、経済効率?がさぞ向上するでしょう。そういう光景を是非見てみたいものです。)

f0084796_23245988.jpg

( 17:12 1/189 f4.7 -1.7 iso100 GX )
今日も、北北東の4m程度の絶好の風(朝は、ないんですが。)。
いつものデルタで、快調に糸がでていきます。
ちょうど、小船が、川を遡って行く所がうっていました。波の波紋も穏やかです.

f0084796_23252720.jpg

( 17:26 1/203 f2.5 -1.3 iso200 GX )
太陽も完全に隠れたので、設定変更して、揚げなおしました。

f0084796_23254443.jpg

( 17:28 1/153 f2.5 -1.8 1so200 GX )
だいぶんトワイライトな感じで撮影出来ました.
もっと、左側も撮影したかったのですが、もう1度揚げなおす明るさはありませんでした。


狙いより左下側の写真が多く、街が暗く空が飛び気味の写真が、撮影前半に増産されました。何枚か狙いの位置の写真があり、掲載出来ました。
ちなみに、夕日は、壊滅?でした。


平日の夕日撮影は、もう今回でお終いかな?.
[PR]
by studio_bear | 2006-10-13 23:38 | 空撮写真

つるべ落とし。

秋の日は、「つるべ落とし」といいますが、つるべとは漢字で「釣瓶」で正しいのでしょうか。
性懲りも無く、お百度を踏む気持ちで、夕方、万葉埠頭からです。

f0084796_23184737.jpg

17:00 秋らしい雲です。今日は、SP320とDリングレリーズ装置で、撮影です。(27mmワイコンで)
f0084796_23383077.jpg

17:16 この少し前から、西の空の色が急激にオレンジ色に染まってきました。上空は、青、山の稜線の上は、オレンジ、
山の稜線がコントラストアップされて、くっきりとしてきました。
よく風景写真でとんでもないオレンジ色の夕焼け空が写っていたりするのですが、実際にあるんですね。認識を新たにしました。(38mm)

f0084796_23192576.jpg

17:29 もう、陽は落ちて、空は、夕焼けの余韻が残っています。(38mm)

この両日で、近くの海で、相次いで2名?の方が亡くなられたそうです。
海は、この時も、大きなうねりが残っていました。
私も、大きな波が来たときに撮影しにいきたいと思っていましたが、
凧が、海に落ちた時の事を考えると、やはり少し怖いですね。

2枚目の山の上に、仏舎利塔があります。  合掌。
[PR]
by studio_bear | 2006-10-09 23:43 | 空撮写真

ビィーーーーーーム!

今日は、子供の学習発表会で、日中は動けなかったので、又、夕方から、大門の河原で揚げていました。
私が、いった時には、何組かの方々が、来週の柳田大会に向けての調整をしていたようですが、時すでに遅く、かたずけ中でした。

f0084796_228112.jpg

17時前後に、かなりいい空具合になってきたので、空撮を開始しましたが、
残念ながら、カメラの角度調整に慎重さを欠いたので、あまりいい写真には、なりませんでした。1枚上の半分程にそこそこいい部分があったので、トリミングして、載せておきます。もう少し、左上を狙いたかったのですが。

PS 私用伝言です。
明日うまくいけば、午後から河原にいけるかもしれません。
(仕事次第ですが。)
いけそうな時間に、中村さんにTELします。
[PR]
by studio_bear | 2006-10-08 22:20 | 空撮写真