<   2006年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ホントの揚げ納め

ラッキーに今年最後は、いいお天気でした。風も2~3mとまずまずでした。
やっぱり、出かけないといけませんよね。

f0084796_2173371.jpg

夕日も今年最後の大サービスで、とても綺麗だったんですが、露出設定甘く、撮りそこないました。残念。
その分街は、いい感じで撮れてます。

f0084796_2175427.jpg

埠頭から、河口まで、凧を引っ張っていきました。
この頃は、3m程度の風があり、割と高く揚がりました。


夕暮れ後もしばらく撮影していました。
もう空きメモリーも少なくなり、最後のひと揚げで撮影出来た写真です。
トワイライトと、かなり夜景っぽくなってます。
シャッター速度、1/4secなんとかものになったかな。
f0084796_2182388.jpg

今年最後の収穫です。
この1枚だけすこし大きめでみれますので、クリックして、ウィンドウ最大にして見てみて下さい。
雪の夜景なら、撮れそうです。(えらく寒そうですが。)

さて、明日、明け方も、天気予報では、よさそうなのです。
ふー。
それでは、皆様、よいお年を。
[PR]
by studio_bear | 2006-12-31 21:23 | 空撮写真

揚げ納め?

今月は、凧揚げに興じれる日が減り、blogの更新回数も減りました。
そうこうする内に早、今年の最終週になりました。
やっと冬至という事で、これから、だんだん、夕方の撮影可能時間が復活してきます。

久しぶりに、伏木港から、24日、朝7:30頃から、撮影にいってきました。
f0084796_22434082.jpg

冬の雲、朝靄、すでに、撮影開始時には、太陽は昇っていました。

f0084796_22435356.jpg

風は、4m程度の快適な風で、凧をかなり川の対岸側まで、送る事ができました。

f0084796_22441069.jpg

今回撮影は、NIKON P3ですが、やはりいい画質で幸せになれます。
まだ、市場には、格安で出回っているので、P4共々お勧めです。

先日、SP320(710万画素)で撮影した写真をA3ノビのサイズで焼いてもらいましたが、全く問題ありませんでした。
A2とかでもたぶんいけそうです。いい時代になったものです。

これで、さすがに今年は、揚げ納めかなと思います。
今年、ブログをチェックしていただいた皆様、どうも有難うございました。
来年もよろしく。
[PR]
by studio_bear | 2006-12-25 23:01 | 空撮写真

大門庄川の河川敷より

土曜日に、少し撮影してきました。
いつもの大門の河原から、川に近い砂利の所で、川の支流を撮影してみました。
f0084796_05671.jpg

風が強く、あまり高くも揚げませんでした。この支流は、少し前まで、流れていたのですが、どうも、仕切られてしまった様です。
すでに、産卵を終えた鮭が、ホッチャレとなって、何匹か浮かんでいました。

f0084796_05622100.jpg

空模様も怪しく、暗い感じの写真ですが、いつもと違って、それなりに面白くもあります。
f0084796_0563649.jpg

まだしばらく天気の悪い日が続きそうです。
少し雪でも降って、スカッと晴れた日が来てくれると楽しいのですがね。
まだしばらくは無理そうです。
[PR]
by studio_bear | 2006-12-18 01:06 | 空撮写真

モーターパラグライダー空撮

今晩1:35より、NHKにて、ハイビジョン特集「天空の旅人 紅葉列島を飛ぶ」という番組で、日本各地の紅葉を、モーターパラグライダー空撮で見る番組があります。
こうご期待。
[PR]
by studio_bear | 2006-12-09 19:02

新空撮用デルタ

以前から、新しい空撮用のカイトを作りたかったのですが、踏み切れませんでした。ミシンでリップストップのカイトに挑戦というのも、未着手のままです。
古いデルタも、1年以上使用に耐えて来たので、とりあえず、先週、再び、ポリエチレンの袋で作成しました。調整もほぼ完了してます。

f0084796_23274769.jpg


変わった点といえば、各部の補強に、リップの切れ端で、補強をいれた点です。
特に、キールとセールの接合部位の先端に力がかかる所を強化してあります。
取り付けには、GPクリアーとか、ダイソー強力フィルムタイプの両面テープを使用しています。
骨は、今までのデルタと、微風用のデルタとの間くらいの強度にしています。
安定も今までのデルタと同じ程度、軽量化した分、左右の安定はよくなっている気もします。

今日、「ヨットの科学」という本を借りてきて、セイルについて調べていたのですが、マルコニーリグという用語が出てきました。(現在ポピュラーな3角形大小2枚組の帆です。)マルコニーといえば、マルコニーカイトが直に連想されると思います(ないない。)
ヨットや、ウィンドサーフィンのセイルの事を調べていると、なかなか面白かったです。次はマルコニーカイトの様なカイトを作ってみたいと思っています。
又、ウインドサーフィンのボードを裏面同士で、2台張り合わせると、巨大カイトが出来あがるかな、などと妄想しています。まあ、ボードは軽くする必要がありますが。
[PR]
by studio_bear | 2006-12-02 23:40 | 凧作り