<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

予兆

f0084796_22494239.jpg

3月25日 朝8:33分 今日は、JRで富山まで、駅に急ぐ途中に妙な物体発見。

f0084796_22505499.jpg

8:39分 JR車内にて。

f0084796_22523974.jpg

8:50分頃 高岡に到着。

f0084796_22544062.jpg

駅舎の壁板。

f0084796_22552239.jpg

注意を呼びかける文字。

f0084796_22571650.jpg

我が家の唯一の被害、石川県内灘、世界の凧写真コンテストでもらったトロフィー。

f0084796_22592598.jpg

17:57 このあとしばらくして、6:15分頃震度3の余震。

今日は、JRで富山まで、出かけた。
9:45分、北陸本線普通列車は、呉羽駅を出てしばらくして、停止した。
      なんの為に止まったのか、乗客の誰もが理由が判らないようだ。
      しばらくして、地震発生の為とアナウンス。数十分後、徐行運転のまま、富山駅へ。
      降りる間際、乗降口のドアの曇ったガラスに、「無事についてよかったね。」と女子高校生の書いた文字が見えた。
      写真に残しておきたかった。
      しかし、ドアはひらき、再び閉じることはなかった。

      
[PR]
by studio_bear | 2007-03-25 23:14 | 705NK

ゆるい空。

風も微風、コントラストもゆるく、ケータイカメラのオートフォーカスも効かない?
昨日の夕方の象徴的な、地上からの写真です。
雲の怪しさ、まだ継続中です。
ちょっとピンホールカメラ的な感じもしますね。
これもまた良し?。
f0084796_0282927.jpg

[ カメラ 705NK]
[PR]
by studio_bear | 2007-03-22 00:33 | 雲と空

怪雲空撮にチャレンジ!

この所、夕方になると、怪しい魅力的な空の色になる事が多いです。
今日も、夕刻、面白い空になりそうでしたので、撮影してきました。
f0084796_22111887.jpg

今日も、風は2m前後で、空撮には苦しい風で、風向きにも変化があり、それほど高くは、揚げれませんでした。
f0084796_22114898.jpg

日没寸前、夕陽を受けた雲が、ピンク色に色濃く染まっていきました。
おおむね、この色の感じだったと思います。

ケータイで撮った写真と見比べて見て下さい。
季節の変わり目、しばらくは、楽しめそうです。
[PR]
by studio_bear | 2007-03-20 22:17 | 空撮写真

怪雲、なんでも鑑定局

本日の鑑定依頼は、この2件です。
1件目は、18日夕刻、私をびびらせた。黒雲です。
f0084796_2142013.jpg

17:50分頃です。煙突の煙のたなびき方は、まだ穏やかです。
f0084796_21422254.jpg

18:03分頃です。煙突の煙は、やや強く引かれています。


2件目は、今日の夕刻、新湊側で発生していた、謎のキノコ雲です。
f0084796_2142448.jpg

雲の下は、雨でしょうか。
f0084796_214304.jpg

季節の変わり目なのでしょうか。今日も寒かったです。

先生方、それでは、鑑定をお願いします!

今日の撮影カメラは、Nokiaのケータイ705NKです。
空撮編も、続いてありますよ。
[PR]
by studio_bear | 2007-03-20 21:51 | 雲と空

庄川河口より

今日も、午後15:00頃から、大門で、凧揚げ、それから、夕刻、庄川河口に下り撮影です。
f0084796_2317617.jpg

17時過ぎから、西の空が妙にオレンジ色がかり、いつもと違う夕焼け空になりそうな感じです。
風速2m前後の風で、カメラの高度を上げるのに結構時間がかかりました。
結局凧は、カメラより50m程上で、上空の風力に頼りました。

f0084796_23173943.jpg

日没後、この写真の色味とほぼ同じ様な感じになりました。
この後、少しして、風の感じが変わり、ちょっといやな感じがしました。
後ろを見ると、海上に黒い怪しい雲が現れていました。もう少し撮影したかった所ですが、急いで凧を降ろし始めました。
カメラを外す頃には、8m程度の風です。

18:00前には、風上の海上から、暗い雲が現れ、急速に風が強まりました。
帰路、海の方を見ると、実に怪しい厚い雲がいて、竜巻でも来るんじゃないかと思いましたが、
意外となにもなかったようでした。(深読みしすぎ!)
[PR]
by studio_bear | 2007-03-18 23:35 | 空撮写真

小矢部川夕景

最近、ばたばたと、仕事で波乱の日々が続き、ゆっくり凧も揚げられませんでした。
なんとか一段落ついたので、夕方会社帰りに、ひと揚げしてきました。
f0084796_23365443.jpg

日が長くなったとはいえ、5:30頃、雲も出ていたので、少し暗めです。
めずらしく西の風で、この場所では揚げやすいです。3m程度の風がありました。下はぬかるんでいるので、長靴がかかせません。

f0084796_23362440.jpg

日没少し前ですが、太陽が雲に隠れ、わずかに夕陽が射しています。
川面をメインに撮るか、川面と夕陽をバランスよく撮るか迷いました。
陽が弱かったので、露出補正をいつもより弱め-0.7にしましたが、すこし空が飛んでしまいました。(すこしアンダー気味にレタッチしてあります。)

f0084796_23371028.jpg

日も落ちて方々のライトが点りだしました。
後ろの山は、二上山です。(ふたがみやま)。
今日も寒い日でした。
[PR]
by studio_bear | 2007-03-14 23:50 | 空撮写真

風速6mにて。

今日は、14:30頃から、大門の河原で、色と、揚り具合の確認にいってきました。
風速は、5~6m程度と、揚げ易い風です。
光の透け具合、色の濃さは、まずまずといった所でしょうか。

f0084796_2342417.jpg

今日は、最初は、操作凧としての操り易さをチェックしてみました。
すこし左廻りの方が得意ですが、風がこの程度あると、昨日の4m程度の風よりも、少々きびきびしています。
(朝鮮凧と比べると、鈍重このうえありませんが。)

f0084796_23422756.jpg

その後、どこまで安定するか調整してみました。
糸目をどんどん下げていきましたが、他の凧より、その効果が薄い感じです。
まめださんいわく、「朝鮮凧よりそりが少ない。」との指摘がありました。
さもありなんという事で、斜め骨のそり糸ですこしきつめにそりを入れた所、
かなり安定して、尻尾も揺れなくなりました。
大きくして安定度と揚力がどの程度増加するでしょうか。

f0084796_2342493.jpg

ついでに、今日の空撮写真です。
今日は、黄砂なのか遠景は霞んでいます。
その分、夕陽が大きく見えます。
撮影凧は、残念ながらいつものデルタです。
作った新しい方にもカメラ付けてみましたが、当然の事ながら、持ち上げる力はありませんでした。
この頃は風速4m程度でデルタは、至極安定しています。
この安定力に対抗するのは、なかなか大変そうです。
[PR]
by studio_bear | 2007-03-05 00:01 | 凧作り

春の新色。

昨日の凧ですが、なんとか色も付き。春めいてきました。

f0084796_9415467.jpg


翼面は、和紙ですので、せっかくですから、染料系の絵の具を、お店で探しましたが、手軽なものは、ちょっと見つかりませんでした。
そこで、家のがらくた置き場から、30年程前の年代物の透明水彩絵の具を発掘してきました。(物持ちよすぎ!)
この頃のチューブは、まだ鉛の様です。触ってみると、まだチューブが柔らかく、使い物になりました。

今日も、午後3時以降にならないと風がなさそうです。(河原へgo!)
最高4mの予報ですが、もっと欲しい所です。
[PR]
by studio_bear | 2007-03-04 09:47 | 凧作り

新空撮凧?

春の強風用カイトを作成しようと、あれこれ考えていましたが、なかなかこれといった形に絞れません。
あれこれと落書きを重ねた結果、とりあえず、一つテスト用に作ってみました。

f0084796_018843.jpg
秋山幸雄氏のふうたい凧を45度傾けた様な、高知の土佐凧と、四角いデルタとの合体凧です。
強風用に、センターの骨が、建物でいえば、筋交いの役割をするので、耐震性そこそこあります?。
斜辺の1辺が60cm程で、竹と和紙で作ってあります。
作ってから3日程、なかなかまともに揚ってくれませんでしたが、色々調整の甲斐あって、いい感じになってきました。

f0084796_0185736.jpg

今日は、午後4時頃大門の河原でテストしてきました。
主に糸目の調整が主眼です。最初の内は、安定が悪く、釣りざおの布袋を尻尾の変わりにしないと、揚らない程でしたが、糸目が決まってくるにつれ、安定してきて、尻尾を取り外す事が出来ました。
その後は、適度なバランスのいい不安定さが残り、結構操作可能な凧になりました。
割と鈍重ですので、さすがに真下へのダイブはやりにくいです。上、左右、斜め下程度には、操作可能で、風がもっと強くなったらどうなるか楽しみです。
揚る角度はデルタ並で、風が弱くなっても、頭上を越えていかないので、扱いやすい凧になりました。
しかし、凧って、作ってみないと判らないものですね。

この凧をサイズアップして空撮用に使ってみたくなりましたが、さて、どうしようかな。
安定性を上げるのにさらにキールをつけてもいいかもしれません。
テールも立派なのをつけても似合いそうです。

機嫌よく揚ってめでたいので、このカイトに色を塗ってみました。
どうなったかは、また明日ということで。
[PR]
by studio_bear | 2007-03-04 00:41 | 凧作り