<   2007年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

望遠空撮

今日は、すこし早めに会社も退けたので、万葉埠頭で空撮してきました。
さすがにこの場所での撮影もマンネリ気味?なので、今日は35mmカメラ換算100mm程度の焦点距離で、撮影してみました。
f0084796_22451884.jpg

一番よく撮影する所ですが、やはり結構寄ってますね。しかし、遠景は、やはり少し霞み気味なのは仕方ないところでしょう。

f0084796_22462839.jpg

画面の傾きは、ご愛嬌ということで、お許しください。
建設中の橋脚の工事も少しずつ進行しています。

f0084796_22464920.jpg

日中にもっと、ズームをかければ、庄川のカモメの様子もこちらから撮影できないかなと、不精なことを考えますがさすがに無理はありそうです。

f0084796_22475797.jpg

そこそこの解像度は確保できそうです。

f0084796_22472038.jpg

本当は、夕陽を撮影したかったのですが、望遠のままにしていたので、地面ばかりになってしまいました。
[PR]
by studio_bear | 2007-04-19 22:58 | 空撮写真

飛ぶユリカモメ

昨日は、かなり白熱して、地上からも、カモメを撮影していました。
前回、カモメにえさをやっている人が居たので、今回はパンを持参してみました。
f0084796_22243122.jpg

パンを小さくちぎって投げると、小ぶりの頭の黒いカモメが、寄ってきます。
かなり近くまで寄ってきます。
f0084796_22245442.jpg

かなりの数です。寄ってくるのは、間違えでなければ、夏毛のユリカモメではないかと思います。
(ネットで調べました。)


f0084796_22251387.jpg

こうして見ると、羽根の形、角度、尻尾の開き方、カイト作りの参考になりそうです。

f0084796_22253874.jpg

群れで飛び立った状態です。とにかく、壮観です。(撮影のカメラは、P3 主に36mmです。)
[PR]
by studio_bear | 2007-04-16 22:37 | 凧作り

常願寺川河口にて

先日、この河口で、カモメの大群を発見しました。
近くの釣具店で、聞いたところ、ホタルイカのシーズンになると大勢集まるそうでした。
f0084796_2382268.jpg

(kのキーが故障して文が、打てないので、文章は、また次に。)
なんとはや。失礼します。
とりあえず、写真のみ。
f0084796_2385141.jpg


トリミングして、ご照覧!(これだけ写真大きく見れます。)
f0084796_23104184.jpg


もっと渦巻いてる写真を撮りたいのですが。
また次のチャンスを狙います。
f0084796_2391392.jpg

[PR]
by studio_bear | 2007-04-15 23:14 | 空撮写真

対岸成就

今日は、久しぶりに常願寺川の河口に出かけました。
風があるかどうかは、微妙でしたが、到着した所、いい按配の北風がふいていました。
f0084796_2173296.jpg

今回は、いつもの反対側の対岸の砂浜から上げてみました。
河口の砂は、また様子を変えています。川の水量が多かったのでしょうか。
こちら側の砂は、増えているようです。(前回11月9日の記事参照ください。)
やっと春の海の色になりました。

f0084796_2175981.jpg

以前建設中だった堤防は、まだ工事中です。真中を埋めて、マリーナにでもなるのでしょうか。(詳細不明。)

f0084796_2183618.jpg

この後、川の上流側を、300m程遡って撮影していきました。
白い点々は、かもめの群れです。
丁度いい干潟状態になっている所が多いので、恰好のお休み所となっている様です。
[PR]
by studio_bear | 2007-04-07 21:17 | 空撮写真

ケータイ空撮

先週(4/5)、705NKなるケータイ電話で、カイト空撮にチャレンジしてみました。
ケータイを亀甲縛り?にして、いつものアルミの針金で吊る方式です。
このケータイのカメラのセルフタイマーは、20秒後という設定もあり、連写機能を併用すると、20秒後に、6枚の写真が自動的に撮れます。
f0084796_23515762.jpg

今回は、縦方向の写真を試してみました。
いつもの万葉埠頭からです。すかっと晴れてはいないのですが、一応晴れてます。なんとか撮影出来そうなので、他の場所でも撮影してみました。

f0084796_23512527.jpg

撮影方法は、凧を20mほど揚げて、カメラの付いたリグを取り付け、シャッターを押してから、15秒程は、どんどん糸を出しながら、高度を稼ぎ、残りの5秒で、静止状態に持ち込みます。
さすがに思ったようには、なかなか止まりませんが、ぼちぼちと撮影できました。
この写真は、庄川河口です。
枯れた葦原の色が綺麗でした。葦原の中についた道を撮りたかったのですが、なんとか1枚取れました。ちょっとブレてる感じですね。

f0084796_23522565.jpg

横の写真を縦にすると、うちのソフトでは、画像の撮影情報が消えてしまうのが残念な所です。
この写真は、庄川河口の反対側です。
このカメラの露出調整は、独特のくせがあって、逆光時にも、白飛びしにくいです。逆光時にも、あまり、露出補正しない方がいいようです。
-1程度にしておいたら、この様にかなり暗くなってしまいました。

上げたり、降ろしたりとかなり忙しい撮影になりましたが、
そこそこ楽しめます。軽いカメラなので、微風時にも楽しめそうです。
[PR]
by studio_bear | 2007-04-06 00:07 | 705NK

種明かしと、実際の所。

昨日は、1年ちょっとぶりの、エイプリールフールねたを使ってしましました。(信じた方がいらっしゃった様な、いない様な。)
このカイトを撮影した時に、恰好の写真があったもので。(どうもどうも。)
実際は、遠くの六角凧が、重なって写った写真です。(写真はウソをつくのも上手です。)
f0084796_224681.jpg

ちなみに、今回製作した大きさは、縦横1m角の大きさです。
畳めない作りにしたので、車で運ぶにも、これが限界の大きさです。
先の1つの四角のみなぜかリップで、残りの部分は、ビニールシートです。
最初リップで作る予定でしたが、もう一度試作してからということです。

昨日の風力は、最高9m程度という事でした。(エイプリルフールですから豪快に、話半分という事で。)
8mm×3mmの竹骨で作られていますが、すこし柔らか過ぎです。(これ以外材料がなかったので。)
風が一番強い時は、正面から見ると本来の幅の半分程度まで細くなります。そりが強くなり安定性は悪くない様です。
その分、風力に比例した張力とはならず、リールを巻くのは楽でした。
今後、適した強度の物に変更して本番に臨みたいと思います。

この凧、時折、45度傾く癖がありましたが、風袋の風の流れが下と、横の関係になった時に安定する?位置がある様です。
風袋の対角が、きっかり90度にならない方がいいのかもしれません。
[PR]
by studio_bear | 2007-04-02 23:25 | 凧作り

Size UP!

先日作った斜め格子ふうたい凧?を、サイズアップしてみました。
f0084796_20473987.jpg

大きさは、右上の上げている最中にひっかけてしまった、カイトワールドの2m(h)の六角凧の大きさから推察してください.
時折、20m/secという強風の元、大勢のスタッフの方々の協力をえて無事揚げることが出来ました。
さすがに、メガムーンの大きさには敵わず、ギネス申請は見送りますが、今後、再度チャレンジしてみたいと思います。

f0084796_20493165.jpg

本日糸目調整等、協力していただいたスタッフの方々どうもありがとうございました。
16:00以降、風が落ち着いてきたので、再度糸目調整にチャレンジしました。本日の最終糸目状態は、この様な感じに落ち着きました。
やはり、糸目調整は、落ち着いた風の時にやるのが楽でした。
[PR]
by studio_bear | 2007-04-01 20:52 | 凧作り

黄砂到来。

あれやこれやといううちに、4月になってしましました。
昨日の春の嵐の後に黄砂が到来しました。
毎度おなじみ大門の河原からです。

f0084796_20263566.jpg

さほど、曇が濃いわけではないのですが、視界1km程度といった所でしょうか。
f0084796_20261322.jpg

カメラに防塵機能が欲しい所です。早々と終了。
花粉は飛んでいないようでしたが、マスクが外せません。
[PR]
by studio_bear | 2007-04-01 20:30 | 空撮写真