<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夕暮れ時の桜

先週末は、延べ5回、船岡まで通いました。
f0084796_20123729.jpg

日曜の夕方は、土曜よりも、多少空も、明るく、桜の色も、多少夕陽の色に染まりました。

f0084796_20125778.jpg

日曜日の午前中は、この山の「船岡城址公園」にも出かけていました。
中腹に、桜の咲く広場があり、屋台が並んでいます。
山の頂上にあるのは、観音様の像です。
頂上の売店があり、大きな蒟蒻を1個、竹串に刺した味噌田楽がおいしかったです。

f0084796_20121499.jpg

夕方の撮影の難しい所は、被写体と光量の関係です。
桜を上空から写すと、しっかりとした光が無いと、くすんだ色になってしまいます。
今回は、風も弱く、回転しないリグ+R7で撮影しましたが、
もう少しいい条件で、f100fdで撮影したい所です。
[PR]
by studio_bear | 2009-04-14 20:26 | 空撮写真

「一目千本桜」 空撮初め

今日は、いよいよ、桜の撮影に向かいました。
場所は、はじめて観る、「一目千本桜」の柴田町船岡です。

f0084796_2230564.jpg

この写真は、白石川に架かる桜見物専用の橋からです。
空撮ではありませんが、風も無く、水面に桜が綺麗に写っています。
朝7:00場所の下見をした所、風は全くありませんでしたが、さすがに、素晴らしい場所でした。
急いで戻って、8:30頃に、家族も連れて再度出発です。

f0084796_2230265.jpg

撮影開始しましたが、空は、すこし薄曇り気味の青空でした。
残念ながら、桜の色が少し映えません。
回転リグでしばし撮影しましたが、これが、初回撮影のベストです。

f0084796_2233025.jpg

夕方、17:30頃から再び出直し、再チャレンジしました。
風は、ぎりぎり凧とカメラが揚がる風で、至極安定して揚がりました。
「船岡城址公園」のある山の麓から、山頂にかけて桜の森が続いているのが判ります。
しかし、かなり暗い曇り空の夕方では、やはり、桜の色は、冴えません。
昨日の夕方の余韻があるかなーと期待していましたが、残念です。

f0084796_22312976.jpg

丁度、船岡駅から、大河原駅にかけて、向こう4km以上延々と、桜並木が続きます。
昼に、家族と歩きましたが、かなり太い桜の木が多く、枝振りもよく素晴らしい限りです。

f0084796_22315785.jpg

本日最後は、最初に撮影した歩道専用の橋です。
右側桜の向こうは、JR船岡駅です。
駅を出て、まっすぐ来ると橋を渡る事が出来ます。

再び、明日以降、この場所に、しばらく通う事になりそうです。
[PR]
by studio_bear | 2009-04-11 22:54 | 空撮写真

桜の色を吸い上げし空

金曜日は、気温も上昇し桜も一気に全開に突入していきそうな勢いです。
そんなフェーン現象的な夕べに、空の色も、桜色に染まりました。

f0084796_0325249.jpg

こちらは、日没直後。

f0084796_033827.jpg

そして、帰宅途中に、強烈な2番焼けが、18:20分頃です。

これらの写真を撮影する少し前に空撮もしていましたが、これほどの色には撮れませんでした。
もう少し粘っていればよかったですね。

しかし、桜を全景に、この夕空を撮影した人も、多かったのではと思います。
至極残念な気持ちでもあります。
[PR]
by studio_bear | 2009-04-11 00:38 | 雲と空

中村さんの凧について

「中村さんの凧について」と、タイトルをポンと書いても、このネタについては、
ちゃんと書くことが出来ないという不勉強さ加減を再確認して、うなっています。
こういう時は、写真に語ってもらいましょうという事で、じっくり御覧下さい。

f0084796_23305893.jpg


と書きましたが、多少、うろ覚えながらも、解説させていただきます。

壁の凧の多くは、確か、虻凧(アブ)だったと思います。
虻凧でも、横幅のある丸目のものは、ベコ虻?といって種類が少し異なる様です。

それぞれ、煤竹による、しっかりした骨組みで、風速は、最低3m程度は必要だと思います。
強風には強く、極端に乱れていなければ、20m程度の風でも、しっかり揚るものもあるそうです。

揚がる時に、頭を振りながら「ブゥィン~~~、ブゥィン~~」と、それぞれに個性のあるうなりを、響かせます。
中小型のものは、多少、操作凧の味付けのある物もあり、しっかりした風のある時は、
小生意気?な愛嬌さで空を飛び回る姿が印象的です。

とにかく、大門の河原で、中村さんの凧揚げを見ていなければ、今程は、凧揚げに熱中していなかったと思います。
揚げるのが、めちゃくちゃ難しい、「超クイックな田原凧」や、小型の「六郷とんび」、
見掛けとは異なり、かなり毒のきいた?「ふぐの操作凧」、などなど、近くで見れてとてもラッキーでした。
感謝しております。

( 補足、修正等あれば、きっと、どなたかが、書き込んでくれると思いますが・・・・・・。 )
[PR]
by studio_bear | 2009-04-09 00:24 | 凧の紹介

帰省先にて

週末にかけて、3ヶ月ぶりに、富山に帰省してきました。
わずか3ヶ月ですが、街のお店なども、いくつも変わっていたり、
驚きました。
今回は、空撮のチャンスは、残念ながらありませんでした。

f0084796_0254019.jpg

しかし、とてもラッキーな事に、丁度今月から、大門の総合会館のすぐ近くの「いっぷくや茶」で、
大門の河原で、ずいぶんとお世話になった中村さんの、自作の凧の展示が始まっていました。
久しぶりに、北陸の凧仲間の方々も交え、近況報告&凧談義を堪能してきました。
この日は、雨で、2次会に、河原に繰り出そうという訳にいかなかったのが、残念でした。
また、次回には、河原でご一緒させていただきたく思います。

明日にでも、もすこし詳しく書いてみようと思います。
(写真右が、展示されている凧の製作者、中村さんです。)
[PR]
by studio_bear | 2009-04-08 00:43 | 凧の大会