<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

新空撮カメラ購入?です。

前振り

先日、奥松島の、野蒜海岸に空撮に行った時の事でした。
撮影には、2台のデジカメをもって行きました。
到着後、周辺の風景を、撮影しようと、リコーのR7を起動した時に、レンズが途中で止まったきり、逝ってしまいました。

本文

軽量で、インターバル撮影機能も内臓の、R7が無くなると、主力は、F100fdだけになってしまいます。
これでは、2m程度の風の時は、撮影が出来なくなります。
新しい凧を作るのが、カイトフォトグラファーとしての筋かなとも思いますが、やはり、物欲的には、
替りのカメラが欲しくなります。
かくして、この2週間程、各種コンデジを、調べまくってました。

そして、候補として、①軽く(本体120g前後)、②画質が良く、③安く、④空撮向きの撮影機構を持つカメラを探していました。
そして、Nikon S620、Panasonic FS6、Pentax A40、Canon IXY210ISが上がりました。
しかし、どれも、これという決定打がありません。

という矢先、近くのブックオフで、Polaroidのa530という、かなりトイデジに近いカメラが、
なんと、2800円という安さで、売っていました。
f0084796_212144.jpg


家に帰り、スペック、画質などを調べてみると、意外とまともな製品の様でした。
500万画素、39mm F3.0 2.4inch液晶 SD4G対応 単4 2本。
しかし、なんといっても、重量82gというのが、決定打でした。
f0084796_21214292.jpg


すかさず、再びブックオフに走り、無事Getした次第です。
試写した所、レンズも湾曲、周辺の流れ、ノイズ、シャッター速度(1/2000S)は、意外と良好でした。
液晶の表示も、かなり綺麗で、操作性、操作速度も、なんら最近のデジカメに遜色ありません。
ホワイトバランスもAUTOでかなりいいようです。
f0084796_21221218.jpg


画質発色も、カラー、彩度、シャープネスを控えめにすれば、割とフィルムライクな画質で、
某社の低価格機種よりは、良好でした。
ブログ掲載用ならば、撮りようによっては、いける画質です。
技術の普遍化、量産技術の向上に、改めて恐れ入る次第です。(ちょいと持ち上げすぎですね。)

今後、カメラ+回転リグ=トータル重量160g程度を目標にした撮影セットを組んでみたいと思います。


終章 

かくして、野蒜海岸での撮影もなんとか終え、さて何時かなと、腕時計を見ると、
腕時計の針も、ぴたりと止まっているではないですか。

ここで一句?、「ああ・・・・・・松島や、松島や、デジタル機器まで のびる海岸。」
[PR]
by studio_bear | 2009-05-24 21:28 | カイトフォト機材

新空撮カメラ購入!かな。

最近のデジカメも、進化具合を見るのが楽しみですが、物欲と戦うのは、大変です。
富山の某方も、物欲に支配されてしまった様です。
その物欲の感染力は、はやりのインフルエンザ以上で、発症に気付いた時には、新しいカメラを掴んでいるという、
まことに恐ろしい威力です。

f0084796_225380.jpg

今日の夕方、モノクロモードの画像が、まあまあいけます。

詳細は、次回に。
[PR]
by studio_bear | 2009-05-23 22:06 | カイトフォト機材

夏日!の夕暮れに。

今週末は、お天気も悪く、空撮はお休みでした。
昨日、今日と夕方は、割といい夕焼け空となりました。
f0084796_22334561.jpg

日没時に。

f0084796_2234232.jpg

こちらは、2番焼けでしょうか。

どちらの写真も、カイトフォトではないく地上からです。
もう少し雲量が多ければ、さらに見栄えのする空になったと思いますが、乾いたこちらの空としては、
健闘してくれた方だと思います。  (Camera OLYMPUS E520)
[PR]
by studio_bear | 2009-05-19 22:40 | 雲と空

BS hiにて、今夜室岡氏出演!では、ありませんでしたが。

NHK BShi
2009年 5月18日(月)
午後0:00~午後0:47(47分)

もう時間がありませんが、
熱中時間~忙中“趣味”あり~「自作系熱中人スペシャル&カイトフォト」
という番組で、日本のカイトフォトの総本家? 室岡克孝氏が出演されるようです。
白川郷にも、いかれたようで、はたして撮影出来たんでしょうか。

ちなみに、私の家では、見ることが出来ません。(残念!)


と、書きましたが、今日のお昼の番組で、しかも再放送だったようです。
見逃した方は、NHKオンデマンドで、有料ですが、見ることが出来るようです。

ちなみに、今夜のその時間帯は、「パフューム涙の武道館」ライブでした。
そちらでもいい?。
[PR]
by studio_bear | 2009-05-18 22:11 | 空撮写真

奥松島空撮-潮位変化編

この日、朝10時頃から、17時頃まで、この場所の周辺に居ました。
途中、宮戸島の偵察?と、昼食に出かけ、ブランクを置いて、3回撮影しました。
狙いは、やはり、太平洋の潮位変化によって、この光景がどの程度変化するのか、
見届けたかったからです。
先の亀の島の右側の位置で、割と似た位置の写真が撮れたので比べてみます。

f0084796_22341153.jpg

上の写真の撮影時刻は、10時53分です。
この日の干潮は、9:38分でした。
すこし、海面が上昇を始めている所でしょう。

f0084796_22343154.jpg

これは、13:44分頃です。

f0084796_223444100.jpg

最後は、16:06分です。
やはり、かなり違いが現れている様です。
この日は、最高122cmの変化があったそうですが、写真の範囲では、1mちょいという所でしょうか。

あの竹の束?に、注目してみると、少し面白いですね。

もっと波の強い日の大潮の日に、どの様に変化するのかとか、あー見てみたいです。
雪の日の朝など撮影出来たらなどと、妄想が膨らみます。
[PR]
by studio_bear | 2009-05-11 22:46 | 空撮写真

奥松島-野蒜(のびる)海岸から宮戸島空撮(2)

かくして、奥松島の入り口、野蒜海岸からの空撮、その2です。

f0084796_20524080.jpg

昨日の亀の所から、さらにカメラは、右に旋回を続けます。
ちなみに、仮名「謎の爬虫類島」には、「二木松島」というちゃんとした名前がありました。
「松の緑鰐」&「松の鰐亀」というキャラで、おみやげ品まで考えていたんですが・・・・・。

f0084796_2053658.jpg

この入り江には、沢山の太い竹がざくざくと海に刺さっています。
おそらく、牡蠣の養殖の施設かと思われます。

f0084796_20535093.jpg

左上は、松島湾最大の島、宮戸島になります。
その前の川の様な所は、本土?と、宮古島の境界となる海の部分です。
こういう所が、写真や、近くを見てきただけでは、判りにくいので、地図とも、併用して
観ていただけると幸いです。

遊覧船乗り場の建物と、その前の小型の船が停泊しています。
それが、遊覧船です。3隻程度はいる様で、夕方には、基地?に帰るようです。

f0084796_2054239.jpg

そして、元の砂浜が見えてきます。
続きは、また次回に。
[PR]
by studio_bear | 2009-05-10 21:18 | 空撮写真

奥松島-野蒜(のびる)海岸から宮戸島空撮

どうも、長らくご無沙汰しておりました。
本日から、又、通常の様に、週1ペースで更新していきたいと思います。

f0084796_222319.jpg

再開記念として、タイトルにある東松島市の野蒜海岸からです。
本当なら、女川のほや祭りに行くはずだったんですが、風がよさそうなので、急遽予定変更しました。
到着して、浜に出ると、この様な光景が、広がっています。

f0084796_223029.jpg

10時頃に到着して何度か揚げましたが、高度が取れません。
しばらく待ち、11時頃には、島の方から、いい風が吹いてきて、高度が取れました。
野蒜海岸は、東松島に向けて、延々と続いています。
どこまでが、野蒜海岸なのでしょうか。
浜には、潮干狩りに来ている人が、ちらほらと見えました。

f0084796_2232755.jpg

回転リグ付きで揚げる事が出来たので、次第に、奥松島の光景が現れます。
これは、鰐(わに)でしょうか。

f0084796_2243060.jpg

次に、見えてきたのは、亀ですね。

この鰐と亀は、一つの島の部分の様なのですが、手持ちの地図では、名前が判りません。
とりあえず、「謎の爬虫類島」という事で・・・・・、駄目ですよね。
島の名前ご存知の方あれば、お教え願えれば幸いです。

明日か明後日ぐらいには、続きの写真を掲載します。
では。
[PR]
by studio_bear | 2009-05-09 22:17 | 空撮写真