<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ぷちモノクロ写真の楽しみ

モノクロームの写真には、独特の魅力がある様ですが、なにやら難しい世界でもあります。
そこで、ちょいといい感じに、モノクロームの写真をプリンター出力する時は、いろいろと難しい所もあります。

f0084796_22585255.jpg

最近、中古・在庫新品のHP Photosmart325、335、475などの小型フォトプリンターが、2000円~7000円程度で、よく見かけます。
このプリンターは、専用のグレーカートリッジにすると、かなりいいトーンで出力出来るモノクロ写真プリンターになります。(もっとも、ハガキまたは、大きくて2Lまでですが。)

先日、リサイクルショップで新品3000円なりの335を購入しました。
HP100というグレーカートリッジを3000円程で購入して、お手軽モノクロプリントを楽しんでいます。

色調は、用紙によって意外と大きく変わります。
純黒調に近い?のは、専用プレミアム・プラスフォト用紙と、キャノンの以前出ていたシルキー
がよかったです。
エプソンのクリスピアは、かなり黄色くなりました。

詰め替えインクも、割と良質の物が出ている様です。
しかし、そろそろこのカートリッジもそろそろ店頭で見かけにくくなってきているので、
賞味期限も、そろそろかもしれません。

旅先に持っていくプリンターとしても、いいかもしれませんよ。
[PR]
by studio_bear | 2009-11-20 23:07 | その他

竹の調質について

最近、ちょっとした合間に、竹材を、焙ったり、削ったりしています。
竹のヘビーユーザーとしては、剣道、弓道、釣り、凧などが思いつきますが、それぞれに、いろいろな改質方法がある様です。

f0084796_21272484.jpg


最初は、どの程度焙ればいいのか判らず、割と黒く焦がして、竹が層間剥離状態になったりしました。
ネットで、竹の加工について広く調べてみると、あんまり高い温度にしないのが、ポイントの様です。
竹の糖分には、3種類あり、それぞれの融点が、○○○度以下なので、その程度の温度に抑えておくのが、いい感じの様です。
(ネットで多少調べると判りますョ。)

加温方法にも色々ありますが、セラミックヒーターの遠赤外線ストーブなども、結構使いやすいです。(細い竹材向け。)
(先日、デンソーの遠赤外線ストーブのリコールがありましたが。)
ネットの凧屋さんで買った竹材を焙ると、丁度みかんの皮をストーブで焼いた時の様な匂いがします。
冷えた後で、多少、竹の反発性が上がり、いいアクションになります。
ホームセンターの5mm幅の竹材では、あんまり匂わず、材質の変化も少ないです。
その差は、防虫処理方法の違いから来る様です。
しかし、先日ホームセンターで購入した晒竹の板は、意外と硬くしっかりしていました。(あなどれません。)

剣道の竹刀などで、人工煤竹系のものもある様です。
お値段も割りと手頃なものもあるので、一度削ってみたい所です。
近所に、剣道用具の専門店があるので、覗いてみようかなと思ってます。

◎ 連休は、故郷にちょいと帰りますが、天気も悪く、あんまり時間もなさそうなのが残念です。
[PR]
by studio_bear | 2009-11-20 21:51 | 凧作り

「CHDK」でGo!

また、ちょいとブランクが開いてしまいすいませんでした。
先の撮影では、新しいリグとカメラを使用してみました。

f0084796_22174430.jpg

カメラは、キャノン「IXY920IS」です。(初のキャノンコンデジです。)
そして、撮影には、キャノンのデジカメに対応する、CHDKという機能拡張ファームウェアーを使いました。

カメラは、3ヶ月程前に、中古で購入してありましたが、このカメラ用のCHDKの国内でのテスト結果の
情報が出るまで、置いてありました。

先日、いけそうな情報があったので、試してみた次第です。
解説は面倒なので、行いませんが。
外部スクリプトによる、インターバル撮影も、使いやすく、リコーのコンデジが重くなっていった穴を、
埋めてくれる存在になってくれそうです。

リグは、カーボンプレート+ラインで、カメラは、プレートに樹脂ネジで固定してあります。
従来の紐だけでカメラを固定するのは、脱着に手間がかかるので、楽な方法にしてあります。
プレートの糸を通してある穴はフリーなので、カメラの上下角は、多少調整出来ます。

ちなみに、いわきの1回目の記事の写真は、これで撮影しました。
まだ、使い初めで、トータルの使いこなしは、これからです。

CHDKも、キャノンの210IS、220IS辺りにも対応してくれれば、最軽量のインターバルカメラになるのですが。
はたして?。
[PR]
by studio_bear | 2009-11-12 22:22 | カイトフォト機材

日本の凧の会 秋季大会inいわき(第14回いわき凧揚げ大会) -- 3

というわけで、今度は、凧の空撮写真です。
f0084796_22384650.jpg

御馴染み、布団凧のFさんの凧です。
凧の写真では、絵柄を写すか、飛行姿勢などを写すか迷いますが、今回は、絵柄重視です。
地球の重みが伝わってきますか?。

f0084796_22391319.jpg

こちらは、花や、馬車の凧などで、御馴染み(だったと思いますが。)Kさん(だったと思いますが。)の凧です。
キネテックの動きを生かし、「走るハットリ君」の凧です。手も動いてました。
ご本人からは、「動画で撮ってもらいたいんです・・・」のコメントをいただきました。
高いところからの写真で、空を駆ける忍者らしさは、だせたかも。
[PR]
by studio_bear | 2009-11-04 22:48 | 空撮写真

日本の凧の会 秋季大会inいわき(第14回いわき凧揚げ大会) -- 3

会場の海岸は、地図で見ると、そう大きくはありませんが、実際に行ってみると、結構広さを感じます。
また、南方に延々と砂浜が続いています。
f0084796_23532617.jpg

大会の合間に、この砂浜も、少し撮影していました。
ここも、別な機会に、じっくりと撮影してみたい海岸になりました。
[PR]
by studio_bear | 2009-11-04 00:00 | 空撮写真

日本の凧の会 秋季大会inいわき(第14回いわき凧揚げ大会) -- 2

大会当日は、気温・風力ともに、上々の恵まれた天気でした。
南南東の風で揚げると、眩しくないのがありがたいです。
f0084796_20433313.jpg

こちらは、カイトから撮影です。
本部上空です。いろいろなグッズも販売してましたが、さすがに写っていませんね。
本部隣の(白い)テントで振舞われていた、「さんまのつみれ汁」おいしゅうございました。
また、この地方のB級グルメ品と思われる「焼きそば」、超太麺に、甘口のソースがからみ、これまた、美味しかったです。
以下、今回は、地上からの写真を掲載します。

f0084796_20405985.jpg


f0084796_20415565.jpg


f0084796_20422940.jpg


f0084796_20424724.jpg


f0084796_21511100.jpg


f0084796_2043870.jpg

鼻の下が、なぜか、「のび太」なドラエもんです。(from 富山)

今回は、あまり地上からの撮影は、行いませんでしたので、日本の凧の会の写真の掲載をお待ち下さい。

明日からは、空撮編です。
[PR]
by studio_bear | 2009-11-02 21:02 | 凧の大会

日本の凧の会 秋季大会inいわき(第14回いわき凧揚げ大会)

昨晩、記事をUPしたつもりが、更新されていませんでした。(眠かったんですね。)
というわけで、ちょっとUPしていきます。

f0084796_7234286.jpg

会場は、四倉海岸という、JR駅から10分程歩いた砂浜です。

f0084796_7235450.jpg

いろいろと大きな凧もあがっていますが、又、今夜にでも、写真UPします。
[PR]
by studio_bear | 2009-11-02 07:27 | 凧の大会