<   2010年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

秋色二景

昨日、雨の中、紅葉見物の下見のつもりで、車で1時間程の、秋保大滝辺りまで。

f0084796_21481287.jpg

紅葉は、いままであまり見たことがなかったんですが、雨の中でも、しっとりとして、
華やかながら、大変落ち着いた色合いで、優雅です。
f0084796_21483481.jpg

気温は、5℃と、寒いですが、見に来た甲斐がありました。
これから本番という感じで、見頃のピークは、もう1週間程でしょうか。


f0084796_21485871.jpg

そして、本日のいつもの窓からの夕景です。

f0084796_21491794.jpg

さすが、台風が来ると、一変する感じです。

f0084796_21493684.jpg

明日も、期待できるでしょうか。
[PR]
by studio_bear | 2010-10-29 21:59 | その他

阿武隈川夕景(日没後に)

今日、家族と仙台の街に、「火星の庭」というブックcafeで、「連凧 大空の首飾り」をGet.
ラッキーと喜んでしましたが、帰宅頃には、丁度日没。
急ぎ、河原に向かいましたが、すでに、かなり遅い感じでした。
それでも、せっかくですので、毎度同じように、走って揚げてみました。
f0084796_21343783.jpg

暗くなってからの川面の色というのも、実は好きだったりします。
露出は、暗くても、マイナス1以上に補正しておかないと、かなり白飛びしてしまいます。
丁度、これくらいの暗さだったと思います。
カメラは、自動でISO400まで増感してました。


f0084796_2134503.jpg

ダッシュ3本程するとかなり暗くなり、次々に近くの釣り人も帰っていき、
だんだんと寂しさもじわじわと押し寄せて来ます。

こちらは、ISO640になってました。
先日の最後の写真も、この程度にはなってます。
[PR]
by studio_bear | 2010-10-23 21:45 | 空撮写真

阿武隈川夕景2

昨日掲載した空撮写真と合わせて撮影していた地上からの写真です。
やはり、一眼の方が、細部の描写はいいですが、空撮のアングルも捨てがたいでしょうか。
撮影は、それぞれ、土手の上で多少の高さがあります。

f0084796_2152504.jpg


f0084796_21531726.jpg


f0084796_21532810.jpg

カメラは、PentaxのKX、OLYMPUS E520だと、夕方の黄色や、オレンジが、
一本調子になりやすく感じられたので、高感度にも強い(かつ、ローコスト)の
デジイチとして、春先から使い分けてます。
夕暮れの微妙な色は、KXの方が味があるような気がします。
フォルム、サイズ、画面フォーマット、ゴミ落としの強力さなどは、E520の方が好きなんですが。
[PR]
by studio_bear | 2010-10-19 22:04 | 雲と空

阿武隈川夕景

昨日の午後、少し転寝をして眼が覚めるとすでに16時、
慌てて外を見ると、かなり期待出来そうな空模様。
日没まで殆ど時間がないので、一番近そうな場所、
時々、自転車では行ったことのある、いつもの撮影場所より、
2km程上流のポイントに急ぎました。

f0084796_198125.jpg

岩沼市から、亘理市に、水道水を送っている、水道橋?です。

f0084796_1952794.jpg

例によって風は無く、川の土手から走ってかろうじて、土手の高さの2倍程度まで、カメラを揚げています。

f0084796_1962175.jpg

日没後に、徐々に色が変わり、最も色づいた頃です。
少し、レタッチして見た色に近づけていますが、ほぼこの程度の色でした。


空の色が薄くなるまで、見ていましたが、ホントに見応えがありました。
しかし、走って少し汗をかいた後で、暗くなるまで見ていた為か、風邪を引いてしまいました。

次回は、地上からの撮影と比べてみましょう。
[PR]
by studio_bear | 2010-10-18 19:26 | 空撮写真

夕方空撮の帰り道

f0084796_20215472.jpg

夕方空撮の帰りは、車で、FMラジオを聴いて帰る時が多い。
聞く時間帯がだいたい同じなので、御馴染みの番組も、出来ました。
土曜の17:00からは、「サントリーサタデー・ウエイティング・バー AVANTI」
日曜の17:00からは、「日産 あっ阿部礼二」、「くるくるリサイクル万代」
通しで聞くことはめったにありますが、少し聞きたくなった時は、早仕舞いもあります。

祭日の月曜にめずらしく平日のFMを入れた時、日本の女性シンガーソングライター 
ボニー ピンク の「HOME SWEET HOME」が流れていた。
その後の数曲も、なかなかいい感じ。
昔の吉田美奈子を思い出させる様な、いいアレンジで、家に帰り、ホームページをチェック。
デビュー15年目の新作アルバムと、シングルカットされた曲、「カイト」という曲を見つけました。
アレンジは今様の曲ですが、今年から凧揚げ大会などで、かかる様になるでしょうか。
さて、ボニー ピンクさんは、凧を揚げたことがあるのかな?。
[PR]
by studio_bear | 2010-10-14 20:36 | 空撮写真

阿武隈川河口から

昨日は、ひさし振りに、風が東に抜けそうなので、阿武隈川河口に出向きました。
日中風が、海に抜けるのは、割と少ないような感じです。
9時過ぎに着き、しばらく、吹くであろう風を待ちました。
極微風が1時間程続き、少し強めの風が、沖に向かって抜ける様になりました。

f0084796_22175969.jpg

今日は、上流でかなりの雨が降った為か、川の水は濁り、海も同様です。

f0084796_2218167.jpg

カメラの向きを変えて揚げ直し、上流側を撮影しています。
10時も過ぎると、釣り人も、余り釣れない為か、休憩モードに方が多いです。

f0084796_22182927.jpg

南に、ややまとまった雲が綺麗に並んでいます。

f0084796_22184219.jpg

砂洲の全景がむちっと?撮れました。
210ISで、33mmの画角が割とドンピシャという感じです。
28mmより多少いいかな。
これでもう少し高さと角度があればという所です。

昨日は、連休最後で、凧男さんのブログで270件程のアクセスがあったそうですが、
こちらも、なぜかアクセス多目で、120件程のアクセスありました。
ありがとうございました。(しかし、不思議?)
[PR]
by studio_bear | 2010-10-12 22:27 | 空撮写真

10月10日に

今日は、午後から晴れだして、夕方には、雲量も丁度という感じす。
残念ながら、風は、丁度、河原に到着した時から減少していきます。

f0084796_2018249.jpg

例によって、走って糸を延ばし、その後一気に引き上げますが、
本日は、ここまでです。

f0084796_20182213.jpg

雲の下側に、夕陽が微妙な色を射していきます。
今日は、余り派手な色変化はしませんが、悪くないです。
[PR]
by studio_bear | 2010-10-10 20:26 | 空撮写真

仙台塩釜港-蒲生干潟にて

こちらに来て、たまに空撮してみたい場所まで出かけていく時がありますが、
殆どは、グーグルマップなどで、簡単に、撮影場所周辺の地形をみて出かけています。
それでも、行ってみると予想と全く違った、起伏に富んだ場所だったりという事がよくあります。
ここも、そういう場所のひとつです。
f0084796_23245559.jpg

土曜の夕方、仙台塩釜港のある海岸で撮影してみました。
行って驚いたのが、駐車場が、海岸から急に立ち上がる丘の上にあります。
その為、砂浜の奥行きが、凄く狭くなっています。
グーグルマップの写真では、こういう所は判りかねます。
その為、海からの風の時は、丘に沿った形で、凧が揚がることになります。
ちなみに、奥のクレーンは、大型コンテナ用のものの様です。
撮影中も、大型の船が入港していくのが見えました。
砂浜には、かなり大勢のサーファーが波間に漂っています。

f0084796_23294022.jpg

南側には、砂浜と、蒲生干潟があります。

f0084796_2330197.jpg

西側には、蒲生干潟と、養魚場が見えます。
今夕は、雲量も丁度いい感じで、夕焼けの発色にも変化があります。
夕方には、めずらしく風量も、一定で、凧も静かに、上空で静止してくれています。

f0084796_2330369.jpg

港湾・工場地帯が直ぐ近くなのですが、驚く事に、(後で、ネットで調べて判りましたが。)
ここは、渡り鳥の聖地として、かなり重要な地域らしく、しっかりと保護地域に指定されている様です。
撮影していた時は、殆ど鳥の姿も見られなかったんですが、
あまり、この近辺には立ち入らない方がよさそうです。
いい場所でしたが、かなり遠くからの撮影ぐらいにしておいた方がよさそうです。

ネットでの調べでは、ここは、特に人の出入りが禁じられている訳でも無く、
釣り人、自然観察の人、潮干狩りの人、散歩の人が出入りしている様です。
しかし、季節により、砂浜で営巣している渡り鳥などもいる様で、
その時期は、特に周辺の立ち入りを自粛した方がよさそうです。

ここも、鳥類の減少と保護対策、津波の対策、農家の鳥被害など難しい課題がある様ですが、
いい軟着点をみつけてもらいたいものです。
[PR]
by studio_bear | 2010-10-04 23:52 | 空撮写真

新凧作り(道半ば)

f0084796_2252852.jpg

先週のいわき凧揚げ大会に向けて、新しい凧を作っていましたが、
最後に、分解出来ないかさばる凧になってしまったので、
JRで行く、いわきには、持っていけませんでした。(調整も終わってませんでしたので。)
構想では、デルタ・土佐凧を合体させて、上の横骨を主役とします。
斜め骨を極力細く出来る様に、斜め骨の後方方向への曲がりは、前の横骨からの紙面端の(エラ)
テンションで支える仕組みです。
凧のサイズは、タテ90cm。
骨の太さは、タテ、横、8mm、斜め4mm、下横5mmという所です。
f0084796_22523716.jpg

昨日、調整を行ってましたが、こんな感じです。
やや斜め下に割とゆるい風袋?を持った凧を、今までいくつか作って来ましたが、
割と、斜めにゆっくりと傾いた時の復元性が悪い感じです。(右にも、左にも傾いた時に、ゆっくりと落ちていく。)
どうも、傾いた時に、風芯の位置が下に下がって来るのでしょうか。

糸目調整(6本あります。)で、ようやく、5~6mの風でも、まっすぐ揚がっている時は、何十分も安定して揚がっている様になりました。
(尻尾がついているので、まだまだですが。)


糸目糸も、割と短めかな。
下部の紙も、もっと張り気味にした方が、風を抱え込まずにいいのかも。
上の横骨も、もう少し軽く、細くした方がよさそうです。
うーん。難しい所です。

ちなみに、絵柄?は、こちらで、多く食されている、ズンダ豆のイメージです。
今晩、ズンダかまぼこというものを食べましたが、(枝豆かまぼこだったかな。)
それに割と似ています。

さて改良型を、もう一つ作ってみるとしましょうか。
[PR]
by studio_bear | 2010-10-03 23:13 | 凧作り

第15回いわき凧揚げ大会 5 

1回飛びまして、第5回目です。
大会も終わり、大方の参加者も引き上げられた後も、凧を揚げられている方々も、
いらっしゃいました。
軽くご挨拶して、少し近くで撮影させていただきました。
f0084796_2230840.jpg

こちらは、糸目に少し海草?のゴミが少しついていたそうで、
糸目の調子が少し狂っているので、揚がってないそうです。
見た目に、大きなゴミではなかったのですが、かなり糸目はデリケートな様です。

f0084796_22302333.jpg


f0084796_22304256.jpg

こちらの方には、名刺をいただいたので、後で、写真を送る約束をしました。
全般に、この時間は、雲がうすく出ていたので、発色も冴えませんでしたが、
又来年に、ご期待下さい。
[PR]
by studio_bear | 2010-10-02 22:38 | 空撮写真